« 『天使轟臨』 シャイニー日向 リアクション02 | メイン | 2011年11月の読書メーターまとめ »

2011年11月14日

女子野球いろいろ

女子野球ジャパンカップが開催され、プロを抑えて埼玉栄高が優勝しましたが、それとは何の関係もなくおなじみの女子野球ネタです。
私のTwitterをフォローしている人はご存知のネタも多いでしょうが、ここ数ヶ月の話題をつらつらと。

◆プリンセスナイン

ついにねんがんの『プリンセスナイン』DVDをてにいれたぞ!... on Twitpic
ついにねんがんの『プリンセスナイン』DVDをてにいれたぞ!

っていきなり私事ですいませんが、ついに『プリンセスナイン』のDVDをヤフオクでゲットしました。7枚セットで12000円。
いや、観るだけならバンダイチャンネルの月額見放題で観られるし、北米正規版DVDがもっと安く落札できるんだけど、国内正規版DVDには原作小説がついてるんですよ。
『プリンセスナイン』は元々実写映画化の企画で、そのために原作者の伊達憲星が書いた小説が原作になってたりします。これがどうしても読みたかったので、ヤフオクで安く落札できるチャンスをずっと待っていたのです。
とはいえ、本編も原作小説もまだ手をつけてなかったりするんですが…。時間のあるときにじっくりと堪能したいと思います。

◆正捕手の篠原さん

MF文庫新人賞審査員特別賞受賞作品。
表紙の娘さんは篠原さんではなく、ヒロインの綾坂真琴さんです。篠原さんは主人公のメガネ男子です。
基本的に2ページの短編で構成される、萌え4コマのラノベ版みたいな作品です。サクサクと気楽に読める、まあイマドキのラノベって感じですね。なかなか楽しい作品です。
MF文庫Jのサイトで序盤が立ち読みできるので、このノリが合う人は読んでみてはいかがでしょうか。

◆マックミラン高校女子硬式野球部

月刊少年マガジン2011年12月号より連載開始。初回は一挙2話公開。
主人公は女子野球部の男子マネージャー。この設定で『ドキドキプリティリーグ放課後編』を思い出すのはもはや俺とふぁうるちっぷのtomiさんくらいだろう…。
ハーレム状態なのに主人公が母性本能に溢れててみんなのお母さんになってる辺りがおもしろいですね。今後に期待。

別冊少年マガジン|マガメガ|週刊少年マガジン|TOP|講談社コミックプラス
Live High : お知らせ

◆蜂矢乙女の魔球

本屋で女子野球っぽい表紙の雑誌を発見。
帯を見ると女子野球もののマンガが載ってるっぽいじゃないですか。

調べてみると福島聡さんの『蜂矢乙女の魔球』という作品みたい。エンターブレインの雑誌FELLOWS!に連載されていて、新しく刊行された増刊のFellows!(Q)に移籍したらしい。
Fellows!はあまり置いてないし立ち読みもできないことが多いので単行本待ちかなあ。

ちなみにFellows!(Q)の表紙は高橋那津子さんという方が描いていて『蜂矢乙女の魔球』とは全然関係ないっぽい。

F E L L O W S ! フェローズ
<エンターブレイン>新人作家中心の増刊マンガ誌「Fellows!(Q)」を刊行 - BIGLOBEニュース

(追記)
その後、表紙絵に惹かれたこともあってFellows!(Q)購入しました。
『蜂矢乙女の魔球』、1話ではなんとも言えないけど過去の女子野球モノにない独特の魅力がありますな。
今回が5話目。Fellows!(Q)が季刊の予定なので、単行本化は当分先かしらね。

◆シンデレラナイン
◆ビーナスリーグ2

好みの女の子をスカウトし、全国一の野球チームを目指すソーシャルゲーム! - ファミ通.com
アメージング、「Mobage」で『ビーナスリーグ2』の提供開始 | Social Game Info

最近何かと話題のモバゲーから女子野球ゲームが2作品提供されてます。
『ビーナスリーグ』は前作を以前ちょっと紹介しましたが、今回は2作ともスマートフォンでもプレイ可能です。
知ってからすぐモバゲーに登録したんですが登録しただけで満足しちゃってどっちも手付かずです。ちゃんとプレイしたらまた感想を書きますかね。

◆球場のシンデレラ

以前も紹介した『球場(ボールパーク)のシンデレラ』が単行本化されました。
もっと続けられるネタはあったそうだけど、残念ながら1巻で完結。
さすが多くの作品の実績のある小坂さんだけあって楽しい作品に仕上がってます。

◆SHUAS

週刊アスキーと週刊アスキーの携帯サイトなどで連載されていた4コマ作品。
女子野球部の面々のゆるい日常を描いた作品ですが、野球は全くしません。というか野球要素はほぼ皆無です。
作品としてはおもしろいですが、野球ものと思って買わないように。

◆バーサス・アンダースロー

先日、新潟のメロンブックスで珍しく購入した同人誌。作者は『GUNSLINGER GIRL』の相田裕さん。ヒロインがマリーン... on Twitpic

『GUNSLINGER GIRL』でおなじみ相田裕さんの同人誌。前から気になってたのだけど、地元のメロンブックスに入荷してたのでゲット。
野球ものってわけではないけど、ヒロインの会長さんが元野球選手でアンダースロー、おまけにマリーンズファンの俊介信者という俺得同人誌なので紹介。少なくとも『SHUAS』よりは野球漫画です。
爽やかな青春モノでかなり好みの作品です。ぶっちゃけ『GUNSLINGER GIRL』よりいいかも…。
メロンブックスで通販できますので興味のある方はどぞ。

JEWEL BOX
[MelonBooks] めろんぶっくすのほ~むぺ~ぢ

◆びぎなーず9

まんがタイムきららミラク創刊号から連載されていた女子野球4コマ漫画『びぎなーず9』がvol.5にてあっさり連載終了。
さすがに5回連載で単行本は出ないだろうなあ。バックナンバーを揃えるか。

◆LUCKY STRIKE

週刊少年チャンピオン49号より連載開始した野球漫画。
リトルリーグなのでチームメイトに女子一人確認。今後の活躍に期待。

◆異界兵装タシュンケ・ウィトコ

『ぐいぐいジョーはもういない』の樺薫さんの新刊。
野球ものでは全く無いですが、登場人物のひとりが女子高校球児で過去の回想でやたらと濃い野球描写があるので紹介。さすが樺さん。好きなんだからもー。



というわけで、今年後半辺りに出た女子野球作品をどどんと紹介してみました。
今年も予想以上にいろいろな作品が現れて嬉しい悲鳴といったところです。
絶賛放置中のめがきゅーうぃきも更新しなくてはいけませんなあ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nokotsudo.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/474

コメントする