« アニメ版『大正野球娘。』について | メイン | 劇場版『Fate / stay night - UNLIMITED BLADE WORKS』を観てきました »

2010年03月19日

『夏草ホームベース』完結

以前ちょっと紹介した『夏草ホームベース』だけど、クラブサンデーの更新終了&単行本の最終第2巻が発売されたので再度紹介をば。

少子化が進み、高校球児の減少にともない、ついに高校野球連合が、女子選手の参加を認めた…そんな頃のお話。野球部の主将にして、たった一人の部員・圭太は、甲子園を目指したい人(つまり部員)を大募集中! ところが、幼なじみの生徒会副会長の泉に邪魔されてばかり。実は、泉は圭太といっしょに生徒会をやってみたいという乙女心があったり、なかったり…そんなとき、二人目の野球部員になりたいという美少女・操が登場し…
クラブサンデーの作品詳細より引用)

上記の作品説明通り、主人公の圭太が幼なじみの泉や剛球少女・操と過ごす日常を描いたドタバタコメディ。
絵も可愛いし、ギャグのテンポも良いしで、サクサク楽しく読める。

単行本は小学館のwebコミックサイトクラブサンデーに掲載されたものに加筆・修正されているのだけど、実はかなり未収録話があったりする。
単行本では14・15話で予選の試合が描かれ、最終話になっている。ところがクラブサンデーでは14話~21話の後に最終話。14・15話も単行本とは全く違う話が公開されていた。
単行本2巻で終わらせるためだとは思うのだけど、これはちょっと酷い。一応クラブサンデーの方も追っかけてたけど、単行本でじっくり読めばいいやと流し読みだったんだよな。
単行本未収録話には橘&城崎の助っ人コンビや女子のライバル選手の話もあったのでそれが掲載されていないのも辛い。ウチの選手名鑑的に。
最終話のラストシーンも橘&城崎コンビがいたところがぽっかり空いていて淋しい。見比べるとエロゲの差分CGみたいだ。
雑誌掲載ならば該当の号を確保すればいいけど、Web掲載じゃ公開終了したら打つ手ないからなー。なんとかならんもんかなー。『BASTARD!!』みたいに同人誌で出すとか。
2010年3月19日現在、18話から最終話まで公開されているので読んでおきたい人はお早めに。

とはいえ単行本もすっきりまとまってはいると思うので、未収録話がどうしても気になる人以外はあまり拘る必要は無いかも。
気楽に楽しく読める作品だと思うので、興味のある方は手にとってみてほしい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nokotsudo.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/432

コメント

>hasune_さん

こちらこそはじめましてです。書き込みありがとうございます。
諸事情で抹消された橘&城崎コンビですが、モブキャラとして魔界転生してたりします。
http://twitter.com/M_HIRATE/status/10881927975
やっぱり平手さんとしてもなんとか出してあげたかったんでしょうねえ。

はじめまして。

>>単行本未収録話には橘&城崎の助っ人コンビや女子のライバル選手の話もあったのでそれが掲載されていないのも辛い。ウチの選手名鑑的に。
最終話のラストシーンも橘&城崎コンビがいたところがぽっかり空いていて淋しい。見比べるとエロゲの差分CGみたいだ。


ここに全く同じ感想を持ちました。
連載中なかなか愛着を持って読んでいた分単行本で二人がぽっかり抜けてる辛いです。

コメントする