« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月30日

2009年11月の走行距離

ESCAPE:149km
Esola:207km
雨の日が多くてあまり出かけられませんでした。
雪が降るまで自転車通勤でがんばる。

2009年11月10日

備えあれば憂い無し


いつも自転車に乗るときに携帯している袋の中身。ライト用の予備電池以外役に立ったことの無かったけど、ついに火を噴く時が来ました(火を噴いてどうする)。

お仕事終了後、いつものように駅の駐輪場に停めておいた自転車で帰ろうとしたら、変な乗り心地。
って、空気抜けてる。パンクか?
とっさに駅近辺の自転車屋の情報を脳内検索したけど、ママチャリ専門の店は下手すると仏式バルブの空気入れなさそうだし、プロショップは閉店時間が過ぎてたり歩くには遠かったりでこれまた問題あり。
だったら自分で直しちゃえ、ってことで駅の照明を頼りに修理開始。

幸いなことに空気が抜けているのが前輪だったので(後輪の方が外すのが面倒)リリースを開いて前輪をフォークから外す。
タイヤレバーを使ってタイヤをホイールから外してチューブを取り出す。
自宅ならチューブをパッチで塞ぐところだけど、予備のチューブにチューブごと交換。
もちろん、タイヤに異物が刺さっていないかのチェックも忘れない(忘れると工作じーちゃんに0点付けられるからね)。
タイヤを嵌めてあとは携帯ポンプで空気をしゅぽしゅぽ入れる。
あくまで携帯用ポンプなので空気を高圧に入れることはできないけど、家まで走れればそれでよい。
所要時間は約15分。ぶきっちょな私にしては上出来。慣れた人なら5分くらいで済むだろうけど。
いつもより慎重に自転車を走らせ、途中で特に問題が起きることも無く自宅到着。

出先で直すのは初めてだったけど、思ったよりスムーズにできてよかった。
うん、外出先で自分で自転車を直して帰ってくるとか自転車乗りっぽくていいな、我ながら。
後は、自転車の空気を入れ直して、交換したチューブをパッチで補修すればオッケーかな。ちょうど明日は休みなので、まとめてやっておこう。

2009年11月04日

アーマープラス 烈火のリョウ


仁の心で悪を討つ、烈火のリョウ見参!

つーわけで、バンダイの新フィギュアシリーズ・アーマープラスの第2弾アーマープラス(ARMOR PLUS) 烈火のリョウを購入しました。

『鎧伝サムライトルーパー』は『NG騎士ラムネ&40』と並んで私のアニオタとしての原点でもある作品。
また、放送当時のあまりにアレな玩具を除けば、今まで立体化の機会に恵まれていなかった。
その『トルーパー』のアクションフィギュアを、バンダイが聖闘士聖衣神話や魂SPECで培った技術でフィギュア化するとあっては、いくら普段立体物を買わないようにしている私でも買わざるを得ないでしょう!
そんなわけで、私のしょぼい写真を交えつつ、アーマープラス・烈火のリョウを紹介します。
あ、もっとまともな写真が見たい人は上のバンダイやAmazonのリンクから飛んでくださいな。

鎧擬亜はなかなか重量感があって安っぽさは無い。パーツの固定もしっかりしているので部品がポロポロ取れることもあまりない。
兜はフェイスガード有り・無しが選択可能。
烈火剣は分離状態と接続状態、鞘に収まった状態と3種が付属。分離状態のものもジョイントで連結可能。
双炎斬で振りかぶったシーンの再現はちょっと厳しいが、振り下ろしたポーズは再現可能。


劇中でも印象的だった鎧飾り状態も再現。床几もついてます。


アンダーギア状態。ちょっと腰が細いかな。
烈火剣を持たせているのは初代OPのラストシーンのイメージです。


なかなか顔の再現度も良し。イケメン。
写真がピンボケで分かりにくいですが、ちゃんと眉毛が3つに割れてます。遼はそうじゃなきゃね。



『トルーパー』好きなら是非手に取ってほしい商品かと思います。
このクオリティで、輝煌帝や他の4人も是非発売してほしいなー。『星矢』のどうでもいいキャラとか出しまくってないでさー。
しかし、立体物を滅多に買わない私が最近買ったのがキングスカッシャーと烈火のリョウって、俺の中で草尾毅はどんだけヒーローなんだよって話だよな。

2009年11月03日

'09秋アニメ雑感

『大正野球娘。』のアニメを観た影響で、数年ぶりに色々アニメを観るようになった。
秋アニメも結構観たので、私の気に入った順にサラッと感想を。
挙げていない作品は基本的に観てません。
あと、田舎者の私がどうやって観たかについては突っ込まないでください。

君に届け

原作既読。
私の少女漫画好きを別にしてもクオリティ高いです。原作のイメージを損なわず、丁寧なつくり。
爽子がピュアで可愛いし、風早君がイケメン過ぎる。爽子役の能登麻美子もピッタリ。これはいい能登だ。

とある科学の超電磁砲

原作既読。いや『とある魔術の禁書目録』の方は12巻くらいで投げたけども。
前評判通りになかなかの出来栄え。
ただ、今のところ話が地味目で、一風変わった女子中学生のガールズライフものってだけという感じが否めない。
2クールといううわさで、原作のストックも乏しいので今後どう盛り上げられるかが鍵。
黒子のオバサン声は慣れると癖になる。

にゃんこい!

原作未読。
『大正野球娘。』の後番らしく地味ーな感じですが、ラブコメとしてなかなかの良作。
ギャグが空回りしている回もありましたが、基本的には安心して観られる作品じゃないでしょうか。
ま、DVDは売れなさそーだけど。がんばれ。

ささめきこと

原作既読。
第1話を観た時には「何この『青い花』第2部?」って感じでしたが、2話以降は原作のコメディタッチのライトなノリを出してて安心。同じ百合ものでもまたテイストが違うからね。
ライトなノリが増えたのはいいのだが、それが作画の手抜きに使われている感じがするのは不安。今のレベルを保ってほしいが。

聖剣の刀鍛冶

原作は2巻まで既読。
地味ながら、原作の雰囲気を良く生かしているし、意外と良作かも。
あまり話題にならなそうなので空気アニメになりそうだけど。
セシリーのへっぽこっぷりとリサの可愛さがやっぱり見どころ。

~気が向いたら見るかもの壁~

こばと

原作一応既読。
天然なこばとちゃんが可愛いし、いおりょぎさんとの掛け合いも楽しい。
NHKだけあって手堅い作りで悪くない出来。
ただ、やっぱりCLAMP作品なんで、あんまり続きを観たいと思わせないんだよなあ。あと一捻りあれば。

そらのおとしもの

原作未読。
よくあるエロコメアニメ。
あまり観るべきところはないのだけど、2話のEDや4話のパンツ屋敷の話など、あそこまでバカをやれれば大したもの。
原作はシリアス展開があるらしいけど、アニメはどうなるのかね?

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ

原作既読。1期も視聴済み。
原作は一応読んでるが、ぶっちゃけそんなにおもしろくない。んで、アニメは原作より更におもしろくない。
1期も全部観たけど、微妙な出来。2期も新キャラは出たもののあまり変わらず。わざわざ2期やるほどのタイトルじゃないよなー。

~切りの壁~

生徒会の一存

原作既読。
パロディ満載なのは原作通りだが、原作の会話のテンポの良さが全く生かされておらず、ギャグも空滑りしている。
キャストは若手中心ながらイメージ通りだが、ほとんど褒めるところ無いなー。l

ケンプファー

原作は最初だけちょろっと。
1話で切っちゃっいました。それほど酷い訳じゃないが、なんか合わない。
野村道子は原作通りだが、ぶっちゃけ会ってない。主人公の声は男女のダブルキャストの方が良かった。

キティ・ガーランド

前作は未見。
前作はもっとハードなSFだったっぽいけど、今作はコメディSF?
とはいえ、そんなに笑えるわけでもなく。2話のパロディネタもとりあえず受けそうなものやってみましたというだけ。
ヒロインの頭の悪さとキンキン声も鬱陶しい。



不作不作と言われている秋アニメですが、地味な良作がいくつかあるので、全く視聴するものが無いってほどでもないかと。
『DTB』は気になっているのだけど、前作を観てないので手を出しませんでした。評判がいいので前作観た後で視聴したいと思います。

2009年11月01日

山本正之ツアー ☆ リクエストショー行脚 2009 新潟

救けるぞ 届けるぞ 赤十字 面から 影から オモカゲマン!

というわけで、正之さんが全国を巡る山本正之リクエストショー行脚、新潟にも来てくれたので当然行ってきました。
とはいえ、リクエストショーの内容はシークレットということで、差し支えなさそうな範囲でサラッと記します。

会場はマサユキ前線でも使用された新潟駅前のカルチャーセンタービル。
集まったのは30人弱。アニソンしばりより少なめなのは、まあ仕方ないかな。
いっつも男ばっかりと正之さんが嘆いているマサユキライヴですが、今回は半分近くが女性ということで正之さんも喜んでました。

前回のリクエストショーでもリクエストさせてもらいましたが、今回もリクエストできました。
また、私の詞に正之さんが曲をつけてくれました。作曲・山本正之、作詞・きゅ-ちょーですよ。いいでしょ?
私の詞は「俺達の誇り 千葉ロッテ はばたけ マリーンズ♪」でした。その内ニコニコ動画に歌ってみたでアップします(ウソ)。

いつもと違うライヴとはいえ、歌はもちろん、とまとさんとの軽妙なトークもあり、楽しいライヴでした。

何より、私の汗が、正之さんの歌を通し、形を変えて、世界の子供たちへの義援となることが心地良く、嬉しいな。