« めがきゅーうぃき、復活 | メイン | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない »

2009年06月28日

名はサイトを表す

当サイトも10周年を迎えたということで、こんなときじゃないと書く機会も無いだろうと思われる、ウチのサイトの名前の由来などをつらつらと書き綴ってみましょう。

悩惚堂という名前、考えたのは実は私ではありません。
今から十数年前、私が高校生だった頃の話です。当時TRPGにはまっていた私は、週末になると友人宅に集まり、仲間とセッションを行っていました。
あるとき、仲間の友人Yが、リプレイ本を作成してガタケットにサークル参加しようと言い出しました。そのとき、彼が考えたサークル名が『脳惚堂』でした。
結局、リプレイ本を出す話はお流れになったんですが、それから数年後、このサイトを立ち上げた時に何かいい名前はないかと考えた時に出てきたのがこの名前でした。
最初は『のうこつ堂』がサイト名だったんですが、その後、『のうこつ堂本舗』、『悩惚堂本舗』と名前を変え現在に至ります。
“のう”の漢字を“脳”から“悩”に替えたのは、友人Yのオリジナルから一捻り加えたかったことと、“悩”の方が苦悩と恍惚の挟間をふらふらしているような私の心理状態をよく示しているから、とでも言っておきましょうか。
語呂もいいし、シャレも利いてるし、愛着もあるしで、多分今後もずっと使い続けるかと思います。

ついでにもうひとつ。『のうこつ堂』という名前になる前のほんの短い期間、『青山会館』という名前だった時期があります。
元ネタは私の母校にあった建物で、学食と研修や合宿に使えるスペースなどがありました。
高校時代、仲間といつも集まって駄弁ったりゲームをしてたりした場所だったので、このサイトもそういうスペースになればという気持ちで付けた気がします。
ちなみにこの青山会館、略してアオカンと呼ばれていました。今考えるとひどいですな。
当時、ウブな高校生だった私は青姦なんて言葉は知らなかったけど、耳年増で知っていた人も結構いたはずだよなあ。「アオカン行く? 先にイってもいい?」「待って。私も一緒にイくから」とか普通にみんな言ってたけど、それを聞くたびに顔を赤らめていた耳年増な女生徒がいたとか思うとちょっと萌え。
私の卒業後、校舎の建て替えに伴い、青山会館も取り壊されてしまいました。それを考えるとネット上だけでも思い出の青山会館の名前を残しておいても良かったかなあ、なんて思います。

女子野球サイトの『女神たちの球宴』についても書いておきましょう。
こちらも最初は名前が違って、『妖精のスタジアム』というサイト名でした。
名前から分かるかも知れませんが、最初は『ドキプリ』のファンサイトにするつもりでした。
しかし、当時はtomiさんのふぁうるちっぷ以外にも『ドキプリ』サイトは結構あったので、他のサイトと差別化するために女子野球全般を扱うサイトにしたという経緯があります。
『妖精のスタジアム』というサイト名がいまいちしっくり来なかったので何かないか考えていたときに見つけたのが『Vガンダム』の最終話タイトル(正確に言うとそれを使用した『新スーパーロボット大戦』のシナリオタイトル)『天使たちの昇天』でした。
おお、なんか語呂も良くってカッコいい。天使を女子野球にちなんだ言葉に変えて…、『ドキプリ』は妖精、『プリンセスナイン』はお姫様、『無敵のビーナス』は女神…、女神が語呂がいいな。昇天も野球用語に変えて…、いろいろ女子野球作品が集まるんだから球宴がいいかな…。
てな感じで『女神たちの球宴』というタイトルが決まりました。『女神たちの球宴』の女神は『無敵のビーナス』から来ていたという衝撃の事実、ってほどでも無いか、豆知識。
ネーミングセンスの無い私にしては非常に良いサイト名だと思っとります。

そんなわけで、サイトの名前の由来についてでした。
どーでもいいっちゃどーでもいい話ですが、たまには自分のルーツを思い出すってのも必要なことかと思いますので。
きゅ-ちょーという名前の由来は20周年のときにでも…(いや、それこそ語るほどのもの無いから)。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nokotsudo.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/382

コメント

>あまみゆうさん

いらさいませ。書き込みありがとうございます。
おお、元青陵健児ですか。おおしわれのべのすめらぎですね(意味不明)。

ご存じのように気ままに更新しているブログですが、気に入ってもらえていれば嬉しいです。何かあればお気軽に書き込みもお願いしますね。

貴ブログのおかげでアピタのアニソンライブの存在を知り、以来時折閲覧している新潟市在住の者です。
開設10年おめでとうございます。
母校に青山会館なる建物があったという記述から同じ学校の出身であることを知り、妙な親近感を覚えております。(取り壊し時に在籍していたので、私は後輩と思われます)

他にも長谷川裕一好きだったり、自転車乗りだったり(私は通勤オンリーですが)、何だか気が合う気がして嬉しいです。これからも時々覗かせていただきますので、更新がんばってください。

コメントする