« 2008年11月 | メイン | 2009年01月 »

2008年12月30日

また帰ってきた『素晴らしき山本正之の世界』

というわけで、今回で3回目となったBSNラジオの『素晴らしき山本正之の世界』について、今回も聴取できない地方の方々のためにも簡単に放送の内容を紹介します。
今回放送された曲目リストは以下。

ヤッターキング
銀河熱風オンセンガー
一騎打ち!川中島ブルース
戦国武将のララバイ
南国美少女
シチリア島マフィアの美少女
畳屋の犬
恋の郵便ポスト
狼煙
チチカカ湖の謎が解けた
海の盃
老人と山
風雪マタタビンガー
サクスハナ号の曳航II 正しい未来
アニーよ恋をとれ ANNY GET YOUR LOVE
されどミュージシャン
イヤイヤ社員旅行
ベースボール
海 手紙 空
CHICAGO
東京へつれてって

前回の2時間からさらに伸びて2時間半の放送! この曲目を年の瀬の午後に新潟県唯一の民放AM局が放送したんだから、すごいでしょ?
前回前々回同様、アニソン少なめ、歴史シリーズ、美少女シリーズ、短編、長編、ニューヨーク、ラブソングとマサユキストをも唸らせるマニアックな選曲。
ただ、欲を言えばラストの方に宇宙哲学ものは入れてほしかったな。選曲のバランス的には前回の方が良かったかも。まあ贅沢なこと言ってますが。

今回のパーソナリティはBSNラジオの聴取者にはお馴染み、りんりんこと山田かおりさん。前回同様、正之さん本人も出演。
正直、喋りはイマイチなんだけど、山本正之に詳しくないのでかえって素朴な疑問を正之さんが答えていたので、それはそれで良かったかな。
この番組ならではの普段のライヴでは聴けないような話も色々。特に短編シリーズについての説明は嬉しい。
今回一番驚いたのはゆわいたーのゆーちゃんが奥さんだったってことだな。

新潟在住のマサユキストとして、素晴らしい番組を放送してくれた、BSNラジオとスポンサーのみのりやに感謝。
次も、期待してますぜ。

2008年12月24日

またまた『素晴らしき山本正之の世界』&BSNラジオの中の人からメールをもらった件について

nokotsudo miniではすでに触れましたが、過去2回にわたり新潟県内のみならず全国のマサユキストを驚愕させた『素晴らしき山本正之の世界』が今年も12月30日13時よりBSNラジオにて放送されます!(前回、前々回のついてはこちらこちらでどぞ)
今回はなんと2時間半。そして前回同様長編シリーズのあの名曲もフルで流してしまうとの事。
すごいよなー、年の瀬の昼下がり、年末の大掃除をしてたり、帰省して実家でのんびり過ごしているだろう時期に、新潟県全土に2時間半も山本正之の歌を流し続けるんだから。
大晦日の今日は一日『アニソン』三昧も凄いと思うけど、企画のトンデモっぷりではこっちも負けてないと思います。

今回の『素晴らしき山本正之の世界』もディレクターを務めるのはBSNの営業の北川さん。
アピタでの公開録音イベント『ヒーローは永遠に』のディレクターもやっている方で、うちのブログでも触れた事があります。
その北川さんからなんとウチのブログに書き込みがあり、メールで色々お話を伺うことができたので、メールの内容を北川さんの許可を得て一部転載します。
まず、以前も少し紹介した数年前にBSNラジオで放送されていた『ヒーローは永遠に』について。

>(宇宙刑事3部作のOPをフルコーラスで流すような番組が突然始まって当時驚いた事に対して)でしょう?驚きましたよね?作っている人間が楽しんでいた、趣味の番組でしたから。
>もともとは月~金曜日の夜番組「気まぐれシャベリーノ」という番組の木曜日が「東宏典のテレビアンソロジー」というサブタイトルでありまして、世のアニメファンの方々を満足させる番組作りに徹したのが始まりです。
>編成の都合で、直ぐに終わってしまいましたが、歴史的な番組であると自負しています。

すぐ終わっちゃったのはやっぱり編成上の理由だったんですなー。
また、コメント欄で教えてもらった『キタガワリョウのアニメの王様』についても教えてもらいました。

>こっちはもっと歴史的な番組です。編成の都合で空いた5分枠を私が頂戴し、自分で企画、選曲、編集し、放送していました。
>ささきいさお氏が別番組で新潟に来ている時、帰りの新幹線に乗る直前、車移動の時が放送とかぶるであろうことを予想し、ささき氏の曲をガツンとかけた時は、本人から御礼の電話をいただきました。
>あまりにも身勝手な番組なのと、5分のあまり枠が取れなくなったので7回の放送で終了しました。
>残念です。

5分枠の番組で7回のみって、新潟県民で番組の事を知っている人って何人いるんだろう…。聞いてみたかったなー。

また、正之さんをアピタの公開録音へ出演を了承してもらった経緯についても教えてもらいました。
こちらについては詳しく書けないけども、オープンスペースでのライブに正之さんを呼ぶのがどんなに大変かはマサユキストならば想像つくかと。それを実現したのはひとえに北川さんの熱意と誠意の賜物かと思います。

最後にもうひとつ、北川さんからのメールから転載させてもらいます。

>「心に残っている素晴らしい歌を、大勢の人と共感したいから、こんな番組を作っている」だけなのです。

こういう事を言える人がBSNラジオという地元ラジオ局にいるというのは幸運な事だと思う。また、こういう人が力を揮えるBSNラジオもいい会社なんだろうな。
30日の『ヒーローは永遠に』、また、きっと近いうちに行われるだろう『ヒーローは永遠に』も楽しみにしてます。
今後も、我々をビックリさせるような番組やイベント、楽しみにしています。



悩惚堂本舗はBSNラジオを応援しています!

2008年12月17日

関西独立リーグに女子選手誕生!

例によって更新をさぼってたら今年も2週間切ってしまいましたな。
今年の事は今年中に書かないとさすがにまずいだろ、ってことでぼちぼち更新再開します。

そんなわけで、触れるのが遅くなっちゃいましたが、やっぱりこの事について俺が語らんわけにはいけないですな。

16歳女子高生プロ野球選手が誕生!…吉田えりさん「平成の水原勇気」だ:その他:野球:スポーツ報知大阪版
「ドリームボール」夢つかむ…女子初のプロ野球選手 : 一般スポーツ : スポーツ : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
史上初女性プロ野球選手は16歳女子高生! (1/3ページ) - 社会 - SANSPO.COM
リアル水原勇気誕生!? にネットで野球ファン騒然 - Ameba News [アメーバニュース]
【トレンド】実力か話題づくりか? 史上初の女子プロ野球選手が誕生!(nikkei TRENDYnet) - Yahoo!ニュース

吉田さんのニュースが報じられた直後、職場で女子野球好きの上司Mさんに握手されました。「ついに我々が待ち望んできた時が来た!」と。つーかどんな会社だ。
まあ、NPBでない独立リーグの選手をプロ野球選手と言うのは語弊があるかもしれんけど、試合をして報酬を得ているんだから立派に“プロ”の野球選手だろう。
日本で初の女子プロ野球選手、と書いている記事があるけど、それは間違い。戦後直後に女子プロ野球が存在しましたので。

それにしても、吉田さんが「サイドスローでナックルボーラーで女子高生」と最初に知った時には萌え要素詰め込みすぎじゃね? と思いました。「メイド・猫耳・妹」みたいな。
これでサウスポーだとか父親が(八百長で球界を追われた)元プロ野球選手なんていう設定(設定言うな!)だったら、私を騙すための壮大なドッキリだと思ったことでしょう。
大体、ウェイクフィールド(ボストンレッドソックスに所属する現役世界最高のナックルボーラー)に憧れる女子高生とかフィクションでもいないから。
女子野球選手でナックルボーラーといえば『剛球少女』の麻生遥が思い出されるけど、サイドスローということもあってやはり『野球狂の詩』の水原勇気のイメージかな。そういや、テレビのインタビューで水島御大も大喜びしてました。でも、BCリーグに入らなかったことを残念がってるかもね。

冷静に突っ込みを入れれば、独立リーグとはいえ現役女子高生が男子相手に通用するかといえば正直疑問符がつく。
新しく発足する関西独立リーグの話題作りとして選ばれたという面は否定できない。
また、女子が男子に交じってプレイすることについて、女子野球の現実を良く知る方々が、以下の記事のような見解を持っていることも知っておくべきだろう。
情熱女子野球 | 男子の中でプレーする…と言うコト。
真っ直ぐ、前を――:男子の中で、女子がプレーをするということ - livedoor Blog(ブログ)
ただ、例え客寄せパンダとしての指名だったとしても、男子相手に全然通用しなかったとしても、吉田選手の挑戦には価値があると思う。
それは、野球をやりたい、続けたいけど、進む道が無いために諦めなくちゃいけない、そんな少女達に希望を与えるから。
女性でもプロ野球選手になれる、女性でもプロの世界で頑張ろうとする選手がいるという事実は、ひいては女子野球の普及と発展にもつながっていくと思う。

男子に交じってプレイする、しかも学業と両立させていくのは大変だろうけど、吉田選手にはぜひ頑張ってほしいものです。
女子野球ワールドカップの日本優勝といい、今回の吉田選手の事といい、今年は女子野球の歴史にとって大きな年になった気がします。



剛球少女 1 (1) (マンサンコミックス)剛球少女 1 (1) (マンサンコミックス)
千葉 きよかず


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今回のニュースを聞いた後に久々に読み返しました。
女子が男子に交じって野球をやる是非、野球だけ男子に交じって女子がプレイする理由についても語られてます。名作なので、未読の方は是非一読を。