« 帰ってきた『素晴らしき 山本正之の世界』 | メイン | 『真っ直ぐ、前を――』 »

2008年04月06日

山本正之ライヴ『Theアニソンしばり! 2008』at 東京

昨年に引き続き、今年も山本正之アニソン限定ライヴ『Theアニソンしばり!』が4/5・6に東京で、4/12に大阪で行われました。
昨年は参加できなかった私ですが、今年は上京して参加してきました。例によってライヴの模様を簡単に紹介。

先月ジョニーの引退セレモニーで上京したばかり、特に東京で行きたいところも無かったので日帰り(というか1泊1日?)の日程。
5日のチケットが取れていたら一泊して6日はマリンに行こうかとも思ってたのだけど、5日のチケットは販売開始45分の時点で売り切れだったのでお流れ。ここ最近は正之さんの“普通の”コンサートのチケットが即日完売なんてこと無かったんで正直舐めてました。

今回は高速バスで上京。なんといっても新幹線の半分以下の金額だからね。
昼前に池袋に到着。池袋をぶらぶらしたあと、一緒にライヴに参加する友人Fと新宿で合流。
新宿で飯を食べた後、ライヴ開場のある吉祥寺へ。吉祥寺の街をぶらついたり喫茶店でだべったりしつつ時間を潰す。

会場のスターパインズカフェは普通のライヴハウス。なので160人の参加者でもギッシリの状態。
東京の2日間合わせても定員が300人ちょっとじゃそりゃあチケット売り切れるわな。もうちょっとキャパの多い会場でもいいと思うのだけど。
ただ狭いというのはメリットもあって、ステージから客席が非常に近い。整理番号が後ろの方だった私たちでもかなり近い席に座れました。
ちなみに友人Fは6年ぶりくらいのマサユキライヴ。最後に言ったのは多分2001年の『されどミュージシャン』あたりかな? 私が千葉に住んでた頃は一緒によく行ったんだけどね。

~第1部~
アステロイド・ブルース/銀河烈風バクシンガー
銀河烈風バクシンガー/銀河烈風バクシンガー
銀河疾風サスライガー/銀河疾風サスライガー
銀河旋風ブライガー/銀河旋風ブライガー
いい玄関のお城/無責任艦長タイラー
新・究極超人あ~るのうた/究極超人あ~る
少年ヨコシマ探検隊/GS美神
ヒッサツマンの歌/戦国武将列伝 爆風童子ヒッサツマン
平成タイムボカンの歌/平成タイムボカン
絶唱カラオケマンの歌/タイムボカン カラオケ博覧会

~第2部~
おじゃまんが山田くん/おじゃまんが山田くん
今日も夕やけ/おじゃまんが山田くん
必食料理人/ミスター味っ子
宇宙一のスチャラカ男/未来放浪ガルディーン
正しい青春(復刻版)/究極超人あ~る
飯田線のバラード/究極超人あ~る
ゼンダライオン/ゼンダマン
トッキューザウルスの歌/逆転イッパツマン
とんでもニャー猫ニャラボルタ/ゼンダマン
ディスコ・ダイゴロン/ヤットデタマン
さんあく30年―君を離さない チュッ☆/ヤッターマン(2008年版)
どびびぃ~んセレナーデ/イタダキマン

~第3部~
嗚呼逆転王/逆転イッパツマン
ヤッターマンの歌/ヤッターマン
ヤッターキング/ヤッターマン
オタスケマンの歌/オタスケマン
逆転イッパツマン 3C/逆転イッパツマン
黄金戦士ゴールド・ライタン/ゴールドライタン
UFO戦士ダイアポロン/UFO戦士ダイアポロン
夢の狩人/魔境伝説アクロバンチ
パラダイス・パラドックス/銀河旋風ブライガー
愛ゆえに/多羅尾伴内
ABAYO FLY BYE/銀河旋風ブライガー

~アンコール~
アニメがなんだ
ぼくはアンドロイド/究極超人あ~る

ライヴ終了までなんと3時間45分、歌いも歌いきったり全35曲!(+α)

アニソンしばりということで、『タイムボカン』シリーズ中心のメジャーどころ中心となるのかと思いきや、挿入歌やマイナーな作品の曲が多い、予想以上にマニアックな選曲。
『山本正之大全集』を揃えている私のようなファンでも聴いたことなかった曲があるんだから、AJFなんかで山本正之に興味を持ったファンは面食らったんじゃないかなー。今では聴きたくてもCDの入手すら困難な曲も多いし。

第1部と第3部はOvationをスタンディングで。第2部のうち『飯田線のバラード』と『どびびぃ~んセレナーデ』がMartin、それ以外がTaylorでの演奏。いつものライヴと比べて、ギターで魅せる演奏が多かったなー。まるでどこかの誰かにアコギ一本でやるならこれ位やれと言うように。
また、歌の方でも、おなじみのひとり三悪はもちろん、『とんでもニャー猫ニャラボルタ』や『ディスコ・ダイゴロン』でも芸達者ぶりをみせてくれました。

『ヤッターマン』騒動についても言及。あの騒動のとき、ずっと2chを楽しみながら見ていたとの事。その後、読売テレビや制作側ともコンセンサスが取れたようで、いい方向に進んでいる模様。
あの騒動は私も1ファンとして心を痛め、心配もしていたので、正之さんから前向きな言葉が聞けて一安心。
その代わりではなのだけど、Wikipediaの記述が間違いだらけなことに憤慨されてました。うーん、編集してもいいんだけど不毛な編集合戦になるのもアレだからなあ。

アニソン限定とはいえ、やっぱりマサユキライヴ。アニメソングを通しても、やはり心に届くものは変わらぬ山本正之の世界でした。
ライヴから1週間過ぎた今でも、気が付くと『いい玄関のお城』や『パラダイス・パラドックス』が頭に鳴り響いてます。
毎年とは言わないけど、何年かに1回はまたアニソン限定ライヴを是非やって欲しいなあ。

ライヴ終了後は高速バスの時間まで友人Fと軽く飲みながら、ライヴの感想を語り合ったり。
Fも非常に楽しんだようで、誘った甲斐があったというもの。
夜行の高速バスで帰るときは発車時間まで暇を持て余すんだけど、今回はFのお陰で最後まで楽しく過ごせました。
ただ、帰りの高速バスは寝心地が悪くてさっぱり眠れませんでした。翌日休みを取ってたから良かったものの、高速バスで眠れないとは俺も年かねえ?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nokotsudo.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/311

コメント

はじめまして。知り合いに誘われ2008年の大阪の「アニソンしばり」ライブを見ました「いい玄関のお城」「パラダイスパラドックス」は良かったですね。僕はアニソンをTVで聞いた世代じゃ無いですが楽しめました。今度は普通のライブに行きたいと思っています。「月光大脱走」「銀河号の歌」「熱血九州男児の歌」が好きです。

コメントする