« 春の山本正之情報! | メイン | 『SANYO MAJ-U4CT1』購入 »

2008年03月03日

CDドラマ『大正野球娘。』

昨年4月発売され、続刊が夏発売だったはずがいつの間にか発売予定すら無くなっていた小説『大正野球娘。』ですが、昨年末に突然CDドラマが発売されていました。

ドラマCD「大正野球娘。」 ドラマCD「大正野球娘。」
イメージ・アルバム 高橋美佳子 山本麻里安


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

男子との試合に向け、日々野球の練習に勤しむ桜花会のお嬢さんたち。持久力が乏しいという欠点を補うために“ハイキング”にみんなで行くことに。
訪れた山で待ち受ける大騒動、ってな感じにならないのが『大正野球娘。』らしいっちゃらしいか。
原作のエピソードをアレンジしつつ、個々のキャラクターの魅力を描くことを主眼に置いた感じ。
ストーリー的な見所は小梅、巴、静の三角関係、とか言ってみる。原作では出番の少なかった静が大活躍。つーか、みんな小梅LOVEだよな、この作品。
女子野球もののCDドラマでは野球をしてはいけないことになっているので(例・ドキプリ、プリナイ)、当然野球シーンはありません。そもそも下級生二人が登場しないので9人揃ってないしね。

若手中心のキャスティングで半分も名前を知らなかったが、出演作を確認したら一応は聞き覚えのある声優ばかりで、聴いているうちになんとか声の区別もつくようになった。どーでもいーけど『らき☆すた』出演率高すぎ。
個人的にはお嬢を演ずる山本麻里安が好印象。山本麻里安は声が苦手で好きじゃなかったんだけど、初めていいと思ったよ。そういや、『Lovely Star』でもピッチャー役でしたな、山本麻里安。

正直、絶賛するほどおもしろいわけではないけども、原作のファンならば一聴の価値はあるかと。
CDドラマまで出したんだから、さすがに原作の続きを無かったことにはしないよね? 結構期待して待ってますんで。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nokotsudo.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/305

コメントする