« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月30日

LG電子 ビデオ一体型DVDプレーヤー DVCR-B300

ヤマダ電機のチラシになかなかおもしろそうな商品が載ってたので買ってきました。

LG電子 DVCR-B300

ビデオデッキ一体型のDVDプレイヤー。LG電子製だが、なぜかLGのサイトに載ってない。
セール品だったので9,980円。
今使っているビデオデッキの動作がかなり怪しくなっていたのでビデオデッキを買わなくちゃと思ってたのよね。
もはやビデオデッキなんてほとんど使わないんだけど、過去の遺産も沢山あるし、無きゃ無いでそれなりに困る。
とはいえ今更ただのビデオデッキ買うのもなんなので、DVDプレイヤー機能付きのコレを購入。

DVDプレイヤー、とは名乗っているけど、マルチメディアプレイヤーといった方が正しいかな。
上の商品紹介にあるように、DVDビデオだけでなく、DivXやmp3、wmaの再生に対応。
DVD±R/RW、CD-R/-RWにも対応しているので、mp3をDVD-RWに詰め込んで、オーディオプレイヤー代わりに使うことも可能。
また、試してみたところmpeg2やXviDのファイルもそのまま再生可能だった。オーサリングせずともmpeg2を再生できるのは地味に便利かも。逆にDivXで再生できないものもあったけど、この辺の再生互換性はある程度目を瞑るべきだろう。

一応日本語対応だけど、ファイル名の日本語表示はかなり怪しく、漢字は半分くらいしか表示されない。mp3のID3タグを表示する機能もあるのだが、こちらは文字化けして日本語表示は全く出来ない状態。
まあ、この手のプレイヤーには日本語表示に全く対応していないものも多いし、一応ファイルの識別ができるのでよしとしよう。

画質や機能に拘る人にはもちろん勧められないが、とりあえず観られれば良いというのなら十分。1万円にしては十分遊べるおもちゃだと思う。
とりあえず、久しぶりに『メロウリンク』でも観ようかな。

2007年04月24日

PRO-WRESTLING NOAH Spring Navigation'07 新潟大会

もう大分時間が経っちゃって武道館大会も終わっちゃった(これを書いてるのは4月30日)けど、簡単にNOAH新潟大会の感想を。

今回は「一度くらいは観てみたい」と言うので妹と一緒に観戦。
2階席でまったり観るつもりだったんだけど、そんな事情もあって花道沿いのアリーナ席。
仕事帰りだったんで妹とは会場で合流。なんとか試合開始前に会場到着。第0試合は見逃しちゃったけど。
例によってやったのあのあくじはKENTAきゅんのストラップ。今までで一番微妙。

0. ○リッキー・マルビン - ●伊藤旭彦
  ※ 7分42秒、プリドューラク → 体固め

1. ○テッド・デビアスJr - ●平柳努
  ※ 9分26秒、ドリーム・クラッシャー

2. ○泉田、金丸、橋 - 志賀、川畑、●クロス
  ※ 20分28秒、不入ドム → 片エビ固め

3. ○ダニエルソン、レジェンド - 田上、●谷口
  ※ 13分55秒、キャトルミューティレーション

4. 吉野正人、○土井成樹 - KENTA、●太田一平
  ※ 15分38秒、バカタレ・スライディング・キック → 片エビ固め

5. 秋山、○力皇 - 斎藤、●井上
  ※ 16分19秒、無双 → 片エビ固め

6. ○バイソン・スミス - ●モハメド・ヨネ
  ※ 11分53秒、レフェリーストップ

7. ○佐野、丸藤、杉浦 - 三沢、小川、●鼓太郎
  ※ 23分35秒、北斗ボム → 体固め

(試合結果は公式、というかOASISのコピペ)

ベストバウトはやはりセミのバイソンVSヨネ。
花道への投げ捨てパワーボムから断崖バイソンテニエルのコンボは無茶すぎる。会場騒然。
ヨネも良かったんだけどね。キン肉バスター返されちゃうと手が無いんだよね。そもそも入場時の奇襲自体が負けフラグだよな。

休憩明けのはドラゲーから吉野と土井が参戦。
KENTAと激しくやり合い、スピーディな攻防で観客を魅了していた。
試合後のマイクもさすが。「中途半端なブーイングやな」って、仕方ないだろ。ノアは試合前にブーイングの練習とかしないんだよ。
コタとマルビンを挑発してジュニアタッグに挑戦するのは全く結構なんだけど、邪道・外道に獲られたIJタッグはそのままでいいのかね?
ちなみに妹が一番面白かったと言っていたのもこの試合。
吉野も土井もイイ男で引き締まった身体してるし、スピーディな攻防は一見でも凄さが分かりやすいし、試合後のマイクも上手い。さもありなんてな感じだわな。

メインは4・28武道館への最後の前哨戦だったけど、試合自体はネタを混じえつつのいつもの6人タッグ。シャチョーと佐野さんもあまり絡まず。
地味ながら、丸藤と小川の技の読み合いはやっぱり素晴らしい。二人のシングル戦、賞味期限が切れちゃった丸藤VSCIMAよりずっと観たいんだけどなー。

他の試合はまあいつも通り。
お笑いが多いのは別にいいんだど、どの試合もあからさまな負け役がいるのはいい加減勘弁してほしいなあ。
あと、もりし、潮崎、青木がいなかったのは、分かっていたが残念。至近距離での生側転ボディ、観たかったなー。

興行全体を通してみると、なかなか満足度の高い大会で胸を撫で下ろした。
というのも、初観戦の妹にグダグダの大会見せちゃったらどうしようかと密かに心配してたもので。
妹もそれなりに楽しんでいたようで良かった。
まあ、一番喜んでたのがドラゲーの試合だったってのがなんだが。

小橋がいれば最初からそんな心配もせずに済んだ、なんて言うのは禁句だとは分かってるんだけどね……。

2007年04月20日

『大正野球娘。』

というわけで、新潟クオリティで発売日の1日遅れとなったものの、無事購入できました。

大正野球娘。大正野球娘。
神楽坂 淳


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タイトル通り、大正時代です。『はいからさん』です。『御神楽少女探偵団』です。
『紀元2600年のプレイボール』も思い出したけど、あれはもう昭和になってたか。
女を馬鹿にする男どもに一泡吹かせるべく野球をすることとなった名門女学校のお嬢さんたち。ところが、野球の経験どころか観たことさえなくて…。そんなお嬢さんたちの野球チームの前途やいかに、ってな話。

なんつーか、色とりどりのコンペートーみたいな感じ。
個性豊かなお嬢さんたちが、一致団結してひとつのことを成し遂げようとする、というのが心地よいなあ。
ちょっと『マリみて』っぽいけど、百合モノとしてもなかなか良いんじゃないかと。先日紹介した『Diamond9!』といい、最近は女子野球ものでも百合テイストが増していて良いね。
イラストの小池定路ってどっかで見た絵だと思ったら、『終末の過ごし方』や『フォークソング』の人か。本作でも独特の繊細なタッチで少女たちを描いてます。

各章のタイトルがいい感じ。「男子がすなるという、あれ。」とか「抱き合ったのではなく、抱きしめられたのです。」とか。台詞をそのままタイトルにしてるのだけど、他にも印象的な台詞が多い。
主人公が洋食屋の娘のせいか、食べ物の描写が事細かなのもポイント。オムライス食べたくなった。

“女子が男子に勝つ”という女子野球モノお馴染みのテーマ。これをいかに描くかってのが女子野球もののキモでもあるのだけど、まだまだ牧歌的だった時代の野球に金属バットやスパイクなど現代的な野球の道具や思考を持ち込むことによって男子に対抗するってところが中々おもしろい。
まあ、ピッチングマシンとか養成ギブスとかはやりすぎ感もあるし、(一部を除いて)ろくにスポーツをしたことの無いお嬢さんたちがちょっと特訓しただけで男子に勝てるのかってツッコミも可能だけど、それは野暮ってもんだろう。

ついでに女子野球的なウンチクを少々。
今作では女学生が野球をやるなんてとんでもないというのが多くの人々の反応で、それもまあ当然なんだろうけど、実はこの物語の8年前、大正6年には今治高等女学校に野球部が創設され、大正8年には初の女子野球大会が行われていたんですな。事実は小説よりも奇なのです。
もちろん、本場アメリカでは以前も話題にしたように、19世紀から女子のやる野球というものが存在していた。
未だメジャーとは言い難い女子野球だけど、歴史は古いのです。女子野球の歴史については日本女子野球協会もご覧下さい。

チームのメンバーが揃い、初めての練習試合で勝利した後で終わっているけど、夏ごろに続刊が予定されている模様。
今巻では結構トントン拍子といった感じで物語が進んでいったので、次巻では敗北、挫折そして復活みたいな話になるのかな。
とりあえず、続きを楽しみにさせてもらいましょう。

2007年04月19日

tumblr.はじめました

巷で人気が広がりつつある(らしい)Tumblrをちょっと前から試しにやってみてたんですが、なかなかいい感じなんで公開します。

nokotsudo mini

ブログに文章を書くということに対する意識は人それぞれだと思うのだけど、私にとって実は結構敷居が高かったりする。
ちょっとした文章や気になった小ネタがあっても、1行や2行の文章のためだけに個別ページが作成されて、コメントやトラックバックもできるようになると考えると、どうにも躊躇しちゃうんだよね。
貧乏性だというのはわかってんだけど、ネット環境はダイヤルアップ、5MBしかないwebスペースでサイトを運営していたことを思い出すとどうにも…。
そんな理由もあって、ひとりごとページをつくってたりしてたんだけど、これはこれで手間がかかっていた。改行タグとか手打ちしてたし。

そんな折、こちらの記事で知ったのがtumblr。はてブ以上ブログ未満と評されているが、まさにそんな感じ。
ブログでエントリを投稿するよりもはるかに気軽。またブックマークレットで気になったページや動画にコメントを添えて簡単に投稿することができるのもポイント高い。
海外のサイトなんで英語だけど、直感的に操作できるので無問題。ちょっとかゆいところに手が届かないところもあるけど、その辺は今後に期待かな。

技術的には全然新しいことをしてるわけじゃないんだけど、ブログやらSNSみたいなサービスが普及した今の時代にうまくマッチしたって感じだなあ。
問題となりそうなのは、tumblrで満足しちゃってこのBLOGをますます更新しなくなっちゃいそうなことか。…精進します。

2007年04月14日

光の速さで歩け!

もう何年もフレッツADSL 8Mでインターネット接続していたのだけど、基地局から遠いせいで1.5Mbps程度しか速度がでないし、最近はときどき速度が不安定になったりしていた。
普通にサイトを閲覧する分には不便ないんだけど、画像やFlashを多用したサイトだと待たされてイライラさせられるし、動画配信サイトに至っては言うまでもない。YouTubeあたりならまだしも、高画質を謳ったサイトの動画などまともに観れたもんじゃない。
今年からYahoo!動画でパ・リーグ4球団のLIVE中継が始まったけど、去年は低画質版で観られたのに今年は高画質版しか無いので全く観られない。お陰で今年はマリーンズ戦、一度も観戦できてない。

そんなわけで、とうとう我が家も光回線の導入することになった。
ルータを設置する場所をあれこれ悩んだこと以外は特に問題なく導入完了。
プロバイダは引き続きBBexciteを選択。あまり速度が出なかったり不安定だったりするらしいんだけど、やっぱり月額500円てのは魅力。導入キャンペーンの割引額も多いし。
せっかくなのでひかり電話も導入。まあ、我が家はそんなに固定電話使う人いないんだけど、基本料も通話料も安くなるのは悪くない。

早速、通信速度を測ってみたら、40Mbpsも出ていた。なんと今までの20倍以上の速度。
Yahoo!動画だろうがStage6だろうが、サクサク観られるし、数百メガバイトのファイルだって数分でダウンロード完了。
今まで回線速度が遅いせいで動画配信系のサイトってあまり関心を持たなかったんだけど、新作・旧作問わず相当のアニメが観られるようになってるんだねー。これからはチェックしていこうかな。



Yahoo!動画でマリーンズの試合をようやく今季初観戦できたんだけど、こういうときに限って大炎上してくれるコバマサはやっぱりさすがだと思いました。

2007年04月13日

ドスパラ新潟店 開店

「再びゲイツの理想を掲げるために、自作PC成就のために、新潟よ、私は帰ってきた!」

と言ったかどうかは知らないが、2年前閉店したドスパラの新潟店が復活、本日オープンすることになった。
新潟ではソフマップが無くなり、パソコン工房が消え、PC専門店はTWO-TOPだけになっていただけに、PCを自作するような人達にとっては嬉しいことだろう。
私も今使っているPCはドスパラのショップブランドPCだし、贔屓にしていた店なので喜ばしい限り。
そういえば、いつの間にか「ドスパラ」が正式名称になってたのね。いやまあ、DOS/Vなんて言葉、もはや死語だけども。

そんなわけで、早速行ってきました。
仕事帰りに行ったのだけど、それなりに賑わっていた様子。
品揃えはそれほどでもないけど、値段はやっぱりTWO-TOPより安いかな。
RIMOKOSO(リモコソ)がちゃんと売られていたのも嬉しいところ。あーいう妙なアイテムが置いてあるのもドスパラの魅力なんで、また変なアイテムを入荷してほしい。
開店祝い、ってことでELECOMのワイヤレスマウス(980円)を購入。早速使ってますがなかなか良い感じ。
ちょっと遠回りではあるが仕事の帰り道だし、これからもちょくちょく覗くことにしよう。

2007年04月07日

DRAGON GATE 『GLORIOUS GATE』 新潟大会

一度は生観戦せねば、と思っていたドラゲーことDRAGON GATE。
今回もすっかり忘れていたのだけど、気を利かせた妹がチケットを取ってくれたのでついに念願の初観戦と相成った。

会場は新潟フェイズ。NOAHや新日は新潟市体育館なんでフェイズは初めてだなー。
キャパは1000人くらいで、今回の入りは7割程。

売店でくじをやっていたので挑戦。結果はステッカー(とお菓子)。
くじをやっていた兄ちゃん、どっかで見た顔だなあ、なんて思っていたらアンソニーじゃん! 握手してもらうまで気付かんかったよ。

試合開始前、菊池リングアナと八木レフェリーによる「プロレス講座」のMC。
アングルの説明やらしてくれるのは有り難いが、ヒールにはちゃんとブーイングをするなんてことまで教えなくてもいいんじゃないかと。
いつの間にかBlood Generation、DoFIXER、PoS.HEARTS、FinalM2Kが全部無くなってたってのもビックリ。悪冠一色がいた頃で私の知識が止まってるってのもあるが、ドラゲーはストーリーの流れ、早過ぎだよなあ。

そんなこんなで試合開始。試合結果は以下。

○吉野正人、土井成樹(13分18秒 変形横十字固め)●BXBハルク、横須賀亨
○望月成晃(5分51秒 裏4の字固め)●ストーカー市川
 ※もう1人は、K-ness.
○新井健一郎(12分0秒 逆片エビ固め)●m.c.KZ.
○神田裕之、ドン・フジイ(12分51秒 琉’s→体固め)●戸澤アキラ、岩佐拓
○ドラゴン・キッド、マット・サイダル、斉藤了、CIMA(18分31秒 ウルトラ・ウラカンラナ)●Dr.マッスル、Gamma、サイバー・コング、堀口元気

第0試合として、ルパン松谷vsカツオの試合あり。
ハルクのダンスなど入場でも魅せ、試合後のMCでもしっかり盛り上げる。また、休憩中には選手と観客が触れ合える場を用意するなど、試合だけでなく興行全体をイベントとして楽しんでもらおうというドラゴンゲートの姿勢が良く分かった。うん、人気が出るわけだね。
ストーカー市川や戸澤塾の試合などセミまではネタ試合が多かったけど、メインではしっかり締めてくれるのはさすが。
中でもCIMAの人気や存在感は別格だなあ。あまり盛り上がらない新潟の観客でもCIMAが出てくると歓声が違う。まるでNOAHにおける小橋みたいで、やっぱりドラゴンゲートのエースはCIMAなんだよなあ。

ほとんどの選手が軽量級なので物足りないだとか、技の的確性や説得力が乏しいために曲芸に見えるときがあるとか、にもかかわらず前座から形ばかりの2.9プロレスだったりするところなど、不満点もあるんだけど、団体のカラーとして仕方ない部分もあるし、全体としては満足。良い興行でした。

あともうひとつ不満点を挙げれば、マグナムがいなかったことかな。怪我で欠場中なんだっけ? 次に観戦するときまでには復帰していてほしいものだ。

2007年04月01日

2007年4月のひとりごと

04/19
nokotsudo miniはじめました。
ので、こちらのひとりごとページは終了です。

04/18
大正野球娘。 ? 徳間書店
明日、ジュンク堂で買ってくる!

04/13
○L1-12M まさか、ルーキー・岸を粉砕するとは…。やっと打線も繋がり出したな。早川はイイ!

04/12
○M6-1H 晋吾が見事なピッチング。相変わらず11残塁の拙攻も、打線は一応上向きかな。

04/11
○M9-5H 16安打10四死球16残塁。なんというロッテ野球…、なんというグダグダっぷり。

04/10
●M1-13H 惨敗。もはや炎(上)のエースだな、直行は。コミさんと高木さんに謝っとけ。

マグナムTOKYOが「限りなく引退に近い退団」=DRAGON GATE
残念。一度は生でマグナムの試合とダンスを観たかったなあ。

「ヤッターマン」「ガッチャマン」を実写映画化
音楽が山本正之じゃないとタイムボカンシリーズじゃないってことになってる(例・イタダキマン)んだけど、大丈夫?

04/08
○E5-7M 里崎2番て。それにしても青野さまさま。今年の鷲さんは怖いなー。

アルファブロガーを魅了する“ミニブログ”
これはおもしろいなー。その内導入するかも。

04/07
●E7-3M まあ、あんな雑な野球やってたら勝利も逃げてくわな。早く立て直してほしいが。

04/05
●M2-3Bs 成瀬またも見殺し。ズレータと青野がいくら打っても他が考えなしに振り回す奴ばっかじゃあ…。

04/04
○M4-3Bs 晋吾復活の好投。早川が打ってくれると外野が安心だな。

■オープンしたばかりのジュンク堂新潟店が早くも増床してました。
コミックコーナーが移転&大幅拡大。コミックも他店の追随を許さない感じになってきたなー。

04/03
○M3-1Bs もう宏之がエースでいいよ。打線にようやく当たりが出てきたけど、福浦抹消…。

■最近、リファラに妙なサイトがやたら引っ掛かるなーと思ってたら、リファラスパムなんてもんがあるんですな。
まったく、ろくでもないこと考えるヤツはいくらでもいるな。実害はあまりないが、対策考えんと…。

04/02
4・1のGHCタッグ戦、久しぶりにおもしろいGHCタッグ戦だった。
やっぱプロレスの王道はヘビー級同士のぶつかり合いだよなあ。

04/01
●H8-4M 直行お前もか…。昨日と同じような内容。高木さんとコミさんパンクするぞ。

■エイプリルフールだけど、今日から新潟市が政令市ってことが一番嘘くさい。