« 2007年02月 | メイン | 2007年04月 »

2007年03月31日

最後のウィンドミル ~十度目の春~

もう3日ほど過ぎちゃったけど…。

1997年3月28日にプレイステーション用ソフト『ドキドキプリティリーグ』が発売されて、ちょうど10年が経過した。
感慨深いというか何と言うか…。
このゲームと出会わなければ、いや、それ以前にゲーム発売の1年前、新聞のラジオ欄で“プリティリーグ 小野坂昌也”という記述を見つけなければ、私が女子野球に囚われることも無かったし、女子野球のサイトを立ち上げるなんてことも無かっただろう。下手するとこのサイト自体あっさり閉鎖していたかもしれない。
人生を変えた、なんて言うとちょっと大げさだけどね。

このタイミングを逃すともう書く機会もないだろうから書いてしまおう。
『ドキプリ』が発売された10年前から私が温め続けていたネタがある。
それは私が『ドキプリ』で一番好きなキャラクター、林恭子のお話。

『ドキプリ』と言えばゲーム本編よりラジオドラマの印象が強いという人が多く、私もその一人。
そのラジオドラマにおいて、恭子はもともとソフトボール部に所属していた。ところがソフトボール部は千晶と泉、たった二人の女子野球部との試合に敗れ、そのためにソフトボール部の部員は彼女を除いて全員辞めてしまう。
クラスメイトの滝沢馨から熱心に女子野球部入りを誘われていた恭子だったが、自分が辞めてしまうとソフトボール部は無くなってしまうということで悩んでいた(恭子が自身の葛藤を校長に話すシーンは、ラジオドラマの中でも屈指の名シーンだと思う)。

ところが、である。その数話後、なんの説明も無く唐突に恭子は女子野球部入りを果たしていた。
基本的に1話完結のラジオドラマ、脚本家の間での刷り合わせが上手くいってなかったのかもしれないし、シリーズの構成にコメディへの路線変更があったのかもしれない。
他にもツッコミどころの多いラジオドラマ、スルーしてもよかったのだろうが、私はどうにも納得できなかった。そしてきっと、ラジオドラマに語られていない、恭子が女子野球部に入るきっかけとなった出来事があったに違いないと考えた。
そんなわけで、私が妄想したストーリー『最後のウィンドミル』の概要が以下である。

-------------------------------------------------------------------------------
放課後の校舎裏、たった一人で練習する恭子。そこを訪れたのは従姉の柴田はつみ。はつみは一人で練習する恭子を揶揄しながらも彼女を気遣う。
練習を終え帰途に着く二人。そこで恭子は小学校時代の友人でライバルだった沢岸あゆみ(CV:こおろぎさとみ)と再会する。
あゆみの引っ越しのため別れることになった二人。二人の最後の試合が終わった後、いつかまた一緒に試合をすることを約束して恭子とあゆみは別れたのだった。
恭子との再会を喜び、あの日の約束を果たそうと言うあゆみ。しかし、たった一人しかいないソフトボール部では約束を果たすことができない。恭子はあいまいな返答しか返せず、そのままあゆみと別れてしまうのだった。

数日後、女子野球部の助っ人として練習試合に参加する恭子。
しかし、あゆみとのことを引きずったままの恭子は試合でミスを連発。試合も恭子のエラーで敗れてしまう。
試合後、恭子の気のないプレイを責める滝沢。滝沢の無神経な言葉に感情を爆発させた恭子はそのまま駆け去ってしまう。
恭子の態度に腹を立てた滝沢だったが、そこにはつみが現われる。彼女は恭子の苦悩と葛藤を語り、恭子の気持ちを分かろうとしなかった滝沢たちを激しく非難する。

さらに数日後。滝沢から霞ヶ浦高校のグラウンドに呼び出された恭子。
そこにはあゆみの高校のソフトボール部、そしてソフトボール部のユニフォームに身を包んだ女子野球部の面々がいた。
驚く恭子に滝沢から渡されたのは9枚の入部届。滝沢たちは恭子の苦悩を気付けなかったことを詫び、ソフトボール部のメンバーとして恭子が約束を果たす手助けをさせてほしいと頼む。
滝沢たちの友情に涙する恭子。そして自分がソフトボールと別れるきっかけを求めていたことに気付く。
そして、恭子はマウンドに上がる。友との約束を果たし、ソフトボールと決別するために。
恭子の“最後のウィンドミル”がマウンドに躍動する。
-------------------------------------------------------------------------------

……てな感じ。
この10年間、何度もちゃんとした形で文章にしようと思ったんだけどね。
正之さんの言葉を借りれば、私にもう少し恋の勇敢さがあれば、ってところかな。
ま、こうやって紛いなりにも形に残せたんだから、よしとしようか。

XINGがゲーム事業から撤退してから数年、もう『ドキプリ』が復活することはないかも知れない。でも…。

そんな すぐには あきらめること出来ないよ
もう 長すぎる夢から 醒めろと言うけど
あの星のキラメキは 絶対に 手に入れてみせる

なーんてね。『レッスル』だって復活したんだから、『ドキプリ』だって、ねえ?
あーいや、『ヴァリス』みたいになるのはカンベンな。
 
 
 
いつの日かきっと…

2007年03月27日

『Diamond9!』

以前紹介したすたじお いのPの同人誌『Diamond9!』が商業ベースで単行本化されました。

Diamond9!Diamond9!
いのうえ こうじ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

同人版の第1集~第5集に、加筆修正を加えて単行本化。
まとめて読み返すと、つくしって普通に変態だあ。女の子で良かったね。男だったらとっくに捕まってるぞ。
私が以前つっこんだ、“メジャーで活躍しているはずの松坂を知らないつくし”もちゃんとフォローされてますな。
あと、同人誌版第4集が出てからほんの数年しか立ってないのに、“中村紀洋を尊敬する女子中学生”って設定がすっかりアレになっちゃったのが何ともはや…。

意外と野球してない、てゆーか練習だけで一試合もしてませんが、作者さんが野球わかってる人なので安心して読めますな。濃い目の野球ネタも入ってるし。
ゆるめの萌え系4コマなので抱腹絶倒てな感じじゃないですが、オススメしておきます。少なくとも『 しらたま!』よりはずっとおもしろいはず。

2007年03月24日

『素晴らしき 山本正之の世界』

というわけで、BSNラジオで放送された『素晴らしき 山本正之の世界』について。
聴けない(大多数の)地方のマサユキストのためにも、放送の内容についてまとめてみます。

パーソナリティはBSNの喜谷知純アナ。
喜谷アナが正之さんや楽曲について語りつつ曲をかけるという構成で、正之さんは電話インタビューのみで出演。
とりあえず、放送の曲目リストを見てほしい。

オマタセマンの歌
キットクルマンの歌
真実イッターマンの歌
大化改新
前線旅立ち! オタズネマンの歌
東京のりもの会議
がんばれこだま号
冒険ランゲルハンス島
歯医者でハーレム
サヨナラNIPPON
空の探偵
ブルックリン物語

……ビックリでしょ?
私も『燃えドラ』や『ボカン』の曲などを中心に流すんだろうなーと思っていたら、かかった曲はアルバム収録のオリジナル曲のみ。感動する以上に呆れてしまいました。
だって、土曜日の昼下がりに新潟県全土に流したんだよ、この曲目で。
こんな選曲、よっぽどのマサユキストじゃないとできないし、仮に私がBSNに勤めていたとしてもできないぜ、こんな趣味に走りまくった選曲。
スタッフに熱烈なマサユキストがいるんだろうなー。それともスポンサーのさくら形成クリニックの偉い人がそうだったりするのかしら?

正之さんのインタビューについてもまとめてみました。
・いきなり今まで出したアルバムの枚数を聞かれて困る。そりゃあ急に出てこないわな。
・『才能の楽園』について。王道かつお約束でファンの希望が入ったものになっているとのこと。
・曲の発想は自然と湧いてくる。メモは取らないで、思ったこと、感じたことを空中に留めておく。作品をつくるときに、そこから降ろしてくる。
・『燃えドラ』でデビューしたときの話。これは有名なんで割愛。
・マサユキ前線の話。新潟は空気が締まった感じでいい。今年は前線は無いけど、秋には新潟で旨いものを食べたい。

まさか、こんな濃ゆい番組をやってくれるとは思いもよりませんでした。
番組編成上の空き時間だったんだと思うんだけど、BSNの壮挙(暴挙?)に心から賞賛と感謝を。これで、山本正之に興味を持ち、マサユキストとなる人がいれば言うことは無い。
突然こういうことをやるからBSNはあなどれんなー。

(追記)
ニューヨークこい物語の正之さんのコメント(!)によると、やっぱりBSNの担当者がグリグリのマサユキストらしい。
つーか正之さん、当日BSNに居たんだー。

2007年03月22日

BSN特番とか前線DVDとかあ~るくんCD復刻とか

何気なくBSNラジオを聞いていたら、“山本正之”という単語が耳に飛び込んできた。
何事かと思い、慌ててBSNのサイトをチェックしてみたら『素晴らしき 山本正之の世界』という特番をやるというのこと。
ビックリ。お膝元の愛知や『ラジメニア』の兵庫とかならまだしも、大して縁も無い新潟のローカル局で正之さんの特番が組まれるなんて。
しかも明後日だし。ベラ・ボーのサイトやDMでも何の告知もないし、たまたまラジオを聞いてなかったら聴き逃すところだった。新潟に住んでて、新潟でしかやってない正之さんの特番を聴き逃したりしたら、後悔してもしきれんところだった。
正之さん、わざわざ新潟に来るのかな? 何にしても楽しみにさせてもらいましょう。

ついでに正之さんネタ。
昨年秋に行われた『マサユキ前線2006 愛の逃避行 =ゆくさきは! オシャ、マンベ=』の模様をまとめたDVD『実録マサユキ前線2006』がちょうど今日届いた。
過去2回のビデオ&DVD同様、曲はダイジェストかつ少なめ。正之さんが電車に揺られたり、料理に舌鼓を打ったり、会場の椅子を自ら並べたり、といった様子の映像が中心。
つまり濃ゆいマサユキスト向け。素人にはオススメできない。私的には、正之さんが古町で麒麟山を飲んでたり、新潟駅のタマ公とのツーショットを見てたりするだけでも楽しいけどね。
新潟に正之さんと来ていた男の人、お弟子さんだと思ってたら小野健一さんだったのか! 若っけーな、小野さん。30代にしか見えんかったよ。

もうひとつ正之さんネタ。
『タイムボカン』や『J9』と並ぶ正之さんの代表作である『究極超人あ~る』のCDシリーズ。ー昨年に2タイトルが復刻したのに続いて、今度は4タイトルがコロムビアから復刻。さすがコロムビア、GJ!
『くちびるにメモリー』は音源持ってなかったのでうれしいなあ。ホント、名曲だ。
しかし、ブックレットがあまりに素っ気無いのはまだしも、ドラマのキャストすら記載されてないのは廉価版とはいえ手抜きもいいところだと思う。
塩沢さんのあ~るくんが素晴らし過ぎる…。あと、鰯水さん、鈴置さんだったんだよね…。本当に、惜しい方々を失ったものだ。

究極超人あ~る BOX
究極超人あ~る BOXイメージ・アルバム 山本正之

コロムビアミュージックエンタテインメント 2007-03-21
売り上げランキング : 1070

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
究極超人あ~る どらまSPECIAL 究極超人あ~る 真夏の一夜漬 究極超人あ~る アニメ・オリジナル・カラオケ <ANIMEX Special Selection>(9)究極超人あ~る Vol.2 <ANIMEX Special Selection>(8)究極超人あ~る
2007年03月17日

全日本プロレスEX 長岡大会

しゃぶしゃぶくんに誘われて、長岡まで全日の興行を観に行くことに。

道がやたら混んでたり吹雪に襲われたりと一時はどうなることかと思ったが、無事に試合開始前に会場の長岡厚生年金会館に到着。
全日を観るのはもちろん初めて。あー、もちろん現NOAH勢離脱後は、って意味ね。
客の入りは半分ほど。あの規模の会場で土曜の興行であの入りってのは厳しいな。いくら武藤がいないとはいえ。
2階立見席にて観戦。座席が空いてるので座ってたら、後列の座席は販売してないので座るなと注意された。
いや、いいんだけどさ、わざわざ空席つくって立ち見券売るんなら、もう500円くらいチケット代上げて自由席にすりゃあいいのにねぇ?

試合結果はこちら

全体的にまったり気味。
健介やみのるの試合も、三島やMAZADAが延々と捕まる展開で見所はあまり無し。
つーか、ノア並に負け役が明らかなマッチメークだなあ。プロレスは勝敗だけじゃないとはいえ、あまりに勝敗があからさまなのもよろしくない。

セミの中嶋くんと土方の試合はバチバチしててなかなか良かったが、ラストにYASSHIが乱入して無効試合。ガッチリした試合がそれまで無かっただけにもったいないし、後味も悪い。無効試合について観客に何の説明も無いのもバツ。

メインは小島・ケア対謎のメキシカン二人組。ビバ、メヒコー!
つーか、ジュニア相手に元三冠王者がタッグ組んじゃダメだろ。
ジュニア二人の試合巧者っぷりが光ったなー。二人ともさすがだわ。受けっぷりも見事。
ただ、いかんせん戦力差が大きすぎた。メーンはもっとガンガンした試合で締めて欲しかったなー。
うちらの隣で観戦してた人たちがミゲル・ハヤシJr.の動きに感心していた。それはいいのだが、どうも彼らの頭には“ミゲル”という名前でインプットされてしまったらしい。いや、いいんだけどね。

他団体の試合観ると、龍さんのコールの美声っぷりがよく分かる。
あと、長岡の土地柄なのか、全日だからなのか、妙にガラの悪い野次が多かったなー。いや、ガラが悪いのはいいんだけど、空気を読まなかったり、センスの無い野次はカンベンしてほしいなあ。

総評すると、まあ60点といったところ。
武藤がいないとはいえ、マッチメークを巧くやればもうちょっとおもしろかったと思うので残念。

2007年03月05日

ジュンク堂書店新潟店、オープン

個人的にはラブラ万代より楽しみだったジュンク堂書店新潟店、週末は混んでそうなんで行かなかったけど、今日の帰りに寄ってきました。

人通り途絶えて久しいプラーカ1の1階と地階のフロアを改装、1300坪の面積に100万冊を揃えた大型店舗としてオープン。言うまでもなく県下一の大型店舗である。
新潟で大型書店と言えばラブラ万代に移転した紀伊国屋だけども、質・量ともにジュンク堂が圧倒している。新潟の紀伊国屋はかなり微妙な書店だったからなー(移転後は行ってないけど、あまり変わってないらしい)。

1階が一般書、地階が専門書のフロアになっている。
1階は文芸書や文庫・新書の数は多いが、反面、雑誌は少なめ。この辺はコンビニや各所の小・中型書店で買えってことなんだろうな。雑誌のバックナンバーや洋書が置いてあるのは良いね。
ジュンク堂の強みはやはり専門書。文学書、医学書、理工書など専門書の品揃えはさすが。
私はコンピュータ関連の本しか普段は用はないけど、新潟では専門書はなかなか手に入らないので助かる人も多いのでなかろうか。
背の高い本棚が多いが、面積が広いので圧迫感はあまりない。
カフェスペースや座り読みのスペースもあるが、私としては余計な店内放送が流れていないことの方が好印象。

アニメ・ゲーム系のオタク系書籍について触れておこう。
雑誌が少ないのでコミック誌やアニメ誌・ゲーム誌などは必要最小限。むしろツタヤとかの方が多いかもしれない。
また、紀伊国屋などと同様、エロゲ雑誌や成年コミックは見当たらなかった。画集やライトポルノが少し見受けられたくらい。
まあ、この辺りは駅ビルの文信堂書店やアニメイトが強いので特に困らないし、棲み分けが出来ていると考えればよいか。
コミックも品揃えは悪くないが、それほど驚くほどの量ではない。新刊が試し読みできるのはいいね。
どちらかというと純粋なオタク向け書籍よりは、サブカル系やオタク評論系の書籍が多い感じ。『電波男』やら『腐女子彼女。』やらが平積みされていたし。この手の本もあまり置いてないので助かるっちゃ助かる。

問題はやはりプラーカ1という立地だろう。
新潟は都市計画などという言葉と無縁な街で、施設や繁華街が各所に点在している。
特に駅周辺は万代口のある“駅前”と南口のある“駅南”が駅を挟んで分断されていて、人の流れが悪い。新潟は車社会なのに車で駅前から駅南に行こうとした場合は大きく迂回しなくてはならないし。
大体、なんかプラーカ、特にプラーカ1って雰囲気悪いんだよね。ここ数年、人通りの途絶えたプラーカ1はゴーストタウンのようだった。なんか妙に薄暗くて(平成)仮面ライダーが怪人と戦ってもおかしくないような感じ。
せっかく新潟にできた大型店舗、個人的にも職場から近くて便利だし、ジュンク堂書店にはぜひとも頑張ってほしいもんである。

開店祝いって訳じゃないけど、平積みされてたんで以前から読もうと思っていた『自転車ツーキニスト』と『スローカーブを、もう一球』を購入。
今更だけど、『11月のカクテル光線』って、山際淳司へのオマージュだったんですな。

2007年03月01日

2007年3月のひとりごと

03/31
●H8-2M 初回で試合が決まってしまった。久保は今年もダメか? 和巳の調子が良くなかっただけに勿体無い。

■サイドバーのJavaScriptを利用したモジュール化&カテゴリアーカイブのページ分割。
 苦労した割にはあんまり変わったように見えんな。JavaScript、ちゃんと勉強しようかね。
03/30
○H1-4M サブマリン復活! 青野の1発&竹原プロ初打点も。しかし外野守備がやばすぎる。

レッスルエンジェルスサバイバーキャラクターファンブック
 CD-ROMはうれしいが、値段を考えると微妙かな…。まあ、お布施ってことで。

ロッテ加藤、オリックスへ移籍
 康介が左のエースになると信じてた。毎年、今年こそ復活すると思っていた。
 暗黒マリーンズを支えていた選手がどんどんいなくなっていく…。
03/29
新掲示板を設置しました。
 あまり必要なさそうですがとりあえず。何かあればお気軽にご利用ください。
03/28
○M3-1L 今季初勝利。成瀬はナイスピッチング。打線も最終回にようやく目覚めたか?

■僅差で勝っている最終回。2chの実況板を開きつつコバマサ劇場を見守る。
 そんなドキドキ感を味わうと、今年も野球シーズンが始まったってことを実感するなー。
03/27
●M2-5L 相変わらずの貧打、そして守乱。ジョニーの好投だけが救い。

がん克服!小橋が戻ってくる…ファンのために年内復帰
 コバさん、誕生日おめでとう。ずっと待ってるから、焦らずがんばれ。

「無責任」シリーズ植木等さん死去
 永遠なれ無責任男。
03/25
△F0-0M やっぱファイターズとは永遠のライバルだなあ。宏之はナイスピッチング。
03/24
△F4-4M 幕張ファイヤー! 満塁でHRを打てる4番打者! やっぱロッテ臭に染まってない人は違うわ。
03/23
■今週の週プロ、スティーブ・ウィリアムスのインタビュー記事は必読。
03/22
ドスパラ新潟店、新規オープンのお知らせ
 ドスパラ復活! 市内にPC専門店がTWO-TOPしか無かったんでありがたいなー。

■だいぶ長いことサボってますが、そろっと更新せんとなー。
03/03
すたじお いのPの『Diamond9!』が司書房より3月26日発売予定!
 続きがなかなか出ないと思ってたらまさか商業で出版とは。書き下ろしもあるみたいなんで楽しみにしてます。

2年ぶりの日本オタク大賞に「ウルトラマン80」が輝く
 矢的先生…。先日ようやく観ましたが、素晴らしかったです。

レッスルエンジェルス サバイバー キャラクターファンブック
 期待してます。OPのフルバージョンは無理かなー。

バンダイナムコゲームス、「プロ野球 熱スタ2007」 「ファミスタ」シリーズでおなじみの「ナムコスターズ」が参戦!!
 パック、キモい。んでワルキューレまだー?

テレビ東京・あにてれ 美少女戦麗舞パンシャーヌ
 脚本・浦沢義雄、ってことは東映不思議コメディの新作という認識で良いのですね?