« 『レナード現象には理由がある』 | メイン | 0725~0730 »

2006年07月31日

『やっぱりヒーローになりたい! サーラの冒険(6)』

やっぱりヒーローになりたい!―サーラの冒険〈6〉やっぱりヒーローになりたい!―サーラの冒険〈6〉
山本 弘


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨年10年ぶりにシリーズ新作が発刊された『サーラの冒険』の完結編。また十年待たされたらどうしようかと思いましたが。
内容には敢えて触れないけど、ハッピーエンドで良かったなあ。10年待った(いや半ば忘れていたけど)甲斐があった。

しかし、このシリーズ、第1巻は91年か。もう15年も経つのね。俺が年を取る訳だわ。
昨年、第5巻が出たときシリーズを最初から読み返したのだけど、意外とつまらなくてビックリした。当時は凄くおもしろかったんだけどね。
『サーラ』でさえそうなんだから、当時買い集めていたソードワールド短編集とか、かなりアレなんだろうなあ。
『ロードス島戦記』の1巻とかもかなりヤバい。あそこまでいくと逆におもしろいかもしれんけど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nokotsudo.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/191

コメント

おおっと、こんな前のエントリにコメントが付くとは。ポストのほうがまだマシだぜ!(意味不明)
私もソードワールドは何年も離れているんですけど、やっぱり思い入れは強いです。『剣の国の魔法戦士』はロードスに行ったり、十数年間謎に包まれていたロドーリルに行ったりとオールドファンにも眼が離せない展開になっているようですよ(読んでないんですが)。

初めまして。「かばやきにすると うまいぞ」を検索していて辿りつきました(どういう検索ワードなんだ…)。

僕もソードワールド大好きで、ソードワールドノベルも読んでいたクチなので、このシリーズが続いていたという事にとても驚きました。サーラの話は2冊しか持ってませんが…。
『ナイトウインドの影』とか『剣の国の魔法戦士』とか、今でも覚えています。
情報ありがとうございました。

コメントする