« 0704~0719 | メイン | 『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルてZ おぺ2』 »

2006年07月26日

海原を越えて

ヤンガスが攻撃するとき、つい「モコッチ!」などと口走ってしまう今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

ついに船を入手! ということで大海原へ旅立ちたいところだが、まずは取り損ねたアイテム回収を先に行うことにする。トロデーン城で魔法の鍵も入手していたことだし、メダル王女のお城にも行けるようになったしね。

自力でいちいち調べるのは面倒なのでとうとう攻略サイトに頼る。まあこれくらいはいいよね。
滝の洞窟の一番上に人が住んでるなんて気付かなかったよ。あの赤い大木は何なのか気になってたのだけど。
モリーの依頼もサクっとこなしてモンスター格闘場にも参加可能に。

いよいよ大海原へとシュッパーン。行け、スタン帆船!
西へ、という大まかなヒントしかないのでとりあえず近くの陸地を目指す。
最初に行ったのは聖地ゴルド。ゴールドマンに殴り殺されそうになりつつ辿り着くもイベントは無し。
続いて西の大陸の岩山の隙間から上陸。河を遡っていくとサザンビーク城に到着。バザーもやってなければ城にも入れず。ここも外れ。
こうなれば行けるとこは行っておこう、と敢えて北上してサヴェッラ大聖堂に辿り着くもやはり外れ。
海峡を西に進み、海辺の教会に到着。ようやくドルマゲスの目撃証言が得られた。

ベルガラックに到着。カジノが自慢の街だが、例によってオーナーがドルマゲスに殺され、閉店中…。
ドルマゲスは北の島の闇の遺跡にいると言う。
ここから『ドラクエ』らしいおつかいの連続。
闇の遺跡の封印を解除するためには魔法の鏡が必要で、魔法の鏡を入手するためにはサザンピークの王子の儀式を手伝わなくてはいけなくて、そのためにアルゴリザードを倒さなくてはいけなくて、ようやく入手した魔法の鏡には魔力が無いので隠者の家に住む魔法使いに会いに行かなくてはならなくて、魔法使いによると魔力を取り戻すためには海峡に住む海竜の魔法を受けなくてはいけないという。
いやいいんだけどね、だんだん自分がなんのために旅をしてるのか忘れてくるな。ヤンガスじゃないけどドルマゲスへの憎しみをチャージしないと(いや別に私は恨みは無いが)。

不思議な泉でついに馬姫さまが一時的ながら人間バージョンに。
美人さんですな。むしろトロデ王の人間バージョンが気になりますが。
泉の水を飲めば一時的に人間に戻れると言うのでちょくちょく連れてきてあげる約束をする。
フィアンセのチャゴス王子に対して夢枕に立ってまで不安がる姫。そりゃあそうだよなー。ヤンガスの方がまだマシだ。

魔法の鏡の魔力を取り戻し、闇の遺跡へ突入!
の前に、やっぱりアイテム回収とイベントをこなしておく。
雷の杖を入手したのは大きいな。今まではゼシカが無駄にしびれ打ちを連発してたので。

ラバンの依頼をこなしてキラーパンサーが召喚可能に。掛け声は「ハイヨー!ゲレゲレ!」です。キラーパンサーの名前はゲレゲレと14年前から決まっているのです。

バトルロードはオークキング、エリミネーター、腐った死体のトリオでDランクまでクリア。寄せ集めメンバーながら良く頑張った。オークキングのザオラルさまさま。
そろそろ本格的にスカウト活動せねばなあ。

シナリオを進めることを優先していたら、いつの間にか所持金が2万を超えていた。サザンビークのバザーも開催されたので装備を整える。
リュールがいまだに青銅の鎧を装備していて我ながらビックリ。いつから買い換えてないのやら。
購入できるアイテムだけじゃなく、調合で入手できるアイテムもあるのでいざちゃんと装備を整えようとなると大変。
いちいち調合アイテムを調べるのめんどいなあ。俺は『アトリエ』シリーズやってんじゃ無いっての。

兎にも角にも準備を整え、ついにドルマゲスとの決戦へ挑む一行。
戦いの末にリュールたちを待つものは!? 続く。
……また逃げられんじゃないだろうな。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nokotsudo.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/188

コメントする