« 女子野球メモ | メイン | 04/11~04/16 »

2006年04月10日

04/04~04/09

さて、苦戦の続くわがマリーンズ、先週の戦いぶりを振り返ってみようか。

●04/04 M0-1Bs 5安打1失点完投負け。さすが地味エース。
○04/05 M7-5Bs 俊介でもダメかと思いきや大逆転(劇場付き)。勢いがつけばいいが。
●04/06 M0-8Bs 新人育成モード。晋吾まで炎上か。

●04/07 E13-0M 加藤炎上。半返し。せっかくGyao初中継だったのに。マジメにやれ。
○04/08 E4-7M 久保好投。ついにタイムリー。2点差を追いつきサヨナラ。お見事。
○04/09 E4-6M NHKでやってたんか! バーン初勝利7四球って。相変わらず残塁の山。

なんとか星は5分だけど、それも相手がイーグルスだったお陰。相変わらず打線は繋がらない、投手は打ち込まれるはで、ブザマな戦いを繰り広げている。当分は我慢の戦いが続きそう。

打線の方は徐々に上向きかと思うが、今江と西岡の不振が気掛かり。幸一の抹消も痛い。
早く早坂、大松、竹原あたりに上がってきて欲しいところ。
投手の方は先発が苦しいのは勿論なのだが、リリーフがより深刻。藤田、薮田の調子がイマイチの上、他に接戦を任せられる中継ぎがいない。ヤマケンさんの穴が地味に大きい。まだ内では厳しいだろう。
宏之が戻ってきたらバーンを後ろに回すのもアリかなあ。ホントは晋吾が一番なんだが。

先週からGyaoでマリーンズ主催試合のネット中継が始まった。これは非常に喜ばしいし、ありがたい。
ホークス、イーグルスのネット中継、文化放送ライオンズナイター(今年はライオンズは動画中継やらないんかね)もあるので、マリーンズ戦はネットだけでかなり視聴できるようになったなあ。スカパー要らず。
また第1回の解説が澤井、2回目は原井という人選もマリサポのツボをつく人選。是非ともこの微妙な路線で続けて欲しいところ。

あとマリーンズとは関係ないが、タイガースの金本選手の904イニング連続試合フルイニング出場にもちょっと触れておこう。
個人的には長いペナントレースでは常に万全の状態で出場するためにも休める時には休むべきだと思うのだが、この記録は凄まじいの一言。
この記録を達成するには、常にチームにとって必要な戦力であり続けることはもちろんのこと、調子や体調を常にベストに保つこと、そして守備固めや代走を送られないような、走攻守揃った選手でなくてはならない。
金本選手の高いプロ意識と責任感、不断の努力に敬意と賛辞を。
……金本がカープの選手だったことも、たまには思い出してあげてください。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nokotsudo.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/147

トラックバック

» 2連勝はしたものの… from 道楽主義宣言
最下位の楽天相手に辛うじて勝利を収め、なんとか2連勝。 何やら連勝!!連勝!!コレで波に乗れるぜ!!みたいな楽観的な空気が流れていたりするが、今日の... [Read More]

コメントする