« 一文字検索 | メイン | 編成、編成、また編成 »

2005年09月08日

DESTINY2005

最近、悩惚堂本舗メインよりもこのBLOGの方がアクセス数多いみたいなんで、メインを更新した場合はBLOGの方でも報告することにします。

そんな訳で、大会自体からは2ヶ月、DVD発売からも2週間経っちゃって、すっげぇ今更感が漂ってますが、PRO-WRESTLING NOAH DESTINY2005 東京ドーム大会 観戦記をアップしました。
あまりに時間が経っちゃったので更新を見送ろうかとも思ったんですが、三沢対川田の試合についてはどうしても語っておきたかったので。
世間的にはセミの小橋対健介戦が凄すぎたせいもあってメインの評価が低いのだけど、私は素晴らしい試合だったと思う。
プロレスって、試合それだけが全てじゃないからね。全日時代の三沢や川田を知らない人にも少しはあの試合の意味を知ってもらえればと。
ま、私が全日観始めたのはホントに四天王末期だったのであまり偉そうなことは言えんのだけどね。

でもあの試合を観ると、三沢対川田がなぜプロレス大賞のベストバウトを獲ってないか、よくわかるよなあ。

♪BGM: Holy War 21/鎌野直生

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nokotsudo.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/66

コメントする