« 10年目の花火 | メイン | 旧交を温めて »

2005年08月13日

スパロボでいず

23話までクリア。
今のところ熟練度の取りこぼしは無し。まあ『スパロボ』はさんざんやってきたし、今回はそんなに難易度高くないしね。
などと油断していたら第14話でヘルモーズとディバイクルのマップ兵器で味方ユニット12機撃墜!
今まで何作もやってきたが、一つのマップで12機も落とされたのは新記録だなあ。いくら小隊システムで出撃ユニットが多いとはいえ。
マップ兵器がいつもにまして強力なんだよな。全体攻撃と違ってダメージ補正無いし。今後もボス戦には気をつけよう。

ザフト、帝国監察軍、機界最強7原種との戦いを経て舞台は地上へ(ルート選択で地上を選択)。
ザフトの支配域であるアフリカで砂漠の虎バルトフェルドと対決。
ザフトの地上部隊、強い。地形適応がSなので当たらない避けられない。
ジュドーのZZ、毎回落とされてるような…。

既に懐かしさすら覚えるEVAシリーズが登場。
やっぱり太陽に打ち込んでなかったのか~。碇指令まで生きてるっぽいし。ってパルマー戦役の話忘れてるんですが、ネルフって最後どうなったんだっけ? 加持さんが基地ごと自爆?(←多分それは『F』)
パルマー戦役を経て前向きになってます、シンジ君。あとミサトさんとマリュー艦長の会話が楽しいです。
今回のEVAシリーズ、なかなか強い。サイズがでかいので攻撃力高いし、ATフィールドは広域バリアだし、全機S2機関装備済みでケーブルいらずだし、合体攻撃も協力。もっともATフィールドは終盤には役立たずになりそうですが。
アスカに「昔のシンジみたい」と言われてしまうキラ、更にアスカにひどい性格呼ばわりされてしまうフレイ。いくらなんでもあんまりだ。おまえが言うな。

マクロス7と(ついでに)イデオン&ソロシップも外宇宙から地球圏へ。
NPCとして出現し、敵相手に歌を歌いまくるバサラに萌え。「歌」は味方かプロトデビルンにしか効果がないので全く意味が無いのだが、非常に原作に忠実っちゃあ忠実。

『マクロスプラス』の歌姫・シャロンと熱気バサラの対決、というスパロボならではの展開も。「シャロン・アップル、俺の歌を聴けぇ!」と言うセリフがちゃんと声付きなのが嬉しい。
この後、ファイアーボンバーとリン・ミンメイのジョイント、なんて展開もあるんだろうか。



いよいよ地球圏に到来する宇宙怪獣軍団。そこに単機で出撃するファイアーバルキリー。
「宇宙怪獣ども、俺の歌を聴けぇ!」
ファイアーバルキリーから放出するサウンドウェーブ。バサラの歌にショックを受け地球圏から離れていく宇宙怪獣軍団。
なんて展開になったらちょっとやだなあ。すごくありそうだが。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nokotsudo.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/60

コメントする