« 汝の隣人を愛せよ | メイン | ドームを黒く塗りつぶせ »

2005年05月24日

実はテレビ初観戦

んっふっふっ、ついにこのときが来ましたよ。
「巨人はロッテより弱い」を証明する時が!
まあ加藤投手はロッテなんて一言も口にしてないんですが。

そんなわけで待ちに待った対ジャイアンツの交流戦。
全国に向けてわがマリーンズの素晴らしさを知らしめるチャンスの到来です。
そういえば私もマリーンズ戦をテレビで観るの、今期初めてだ。ネット中継は観てるけど、今年はBS中継も観られてないし。

ジャイアンツの先発は上原。正直厳しい試合になると思っていた。7回くらいまで晋吾に2点くらいに抑えてもらって、上原を打てないまでも球数を放らせてジャイアンツのリリーフ陣を引きずり出せばなんとか…、とか考えていたんだけど。
実際、直球の威力は無かったけど上原はさすがの投球ではあった。それだけに序盤にソロホームラン2発で2点奪ったことと、7回のワンチャンスをものにしたのが大きかった。
それに対して晋吾は、ピンチをつくるものの決定打を奪わせない見事な投球。コントロールがかなりアバウトだったので冷や冷やしたが、結局、6回2/3を9安打を浴びながらも無失点。
久し振りに粘り強い晋吾らしいピッチングを見たよ。2000年~2001年を思い出した。
終盤の必殺・帳尻打線爆発はまあオマケみたいなもの。ほとんどジャイアンツを応援する長野のファンを白けさせる空気を読まなさっぷりはマリーンズらしい。それにしても少々ジャイアンツはブザマすぎた。
レフトスタンドのマリーンズファンが、ジャイアンツファンが呆れて帰って行くにつれて増殖していくのにも笑った。
スンヨブは…、まあ予想通りっちゃ予想通りなんだけど、ジャイアンツのマークが集中してくれたのは助かったかな。
試合の中継が日テレだったのでどうなるかと思ったけど、解説の中畑・水野ともにちゃんとマリーンズについて予習済みで安心した。

東京ドームでの2試合もこの勢いでイタダキですよ~。
などと調子に乗って言ってみますが、さてさて?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nokotsudo.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/29

コメントする