« 野球少女は白球に何を想うのか | メイン | マウンドの少女達 »

2005年05月18日

『嬉遊曲』関連作品について

私が感想を書かないでいる間にも『花咲くオトメのための嬉遊曲』は色々展開していたのでその辺をちょっとまとめて。

●花咲くオトメのための激伴音楽
サントラ盤。ゲーム本編で使用されたBGMにOP・EDボーカル曲のフルコーラス版、さらにミニドラマ3編を収録。
やはりOP/EDのフルコーラス版が嬉しい。『三度目の夏 ~ラストチャンス~』や『プリンセスナイン』など女子野球ものの歌は名曲揃いだが、『嬉遊曲』の歌も負けてないと思います。MoVo^2に入れて聴きまくってますよ。
また、ライバルキャラたちを描いたミニドラマも注目。せっかく魅力的なキャラだったのにゲーム本編では活躍の機会が少なかったからね。
どの話も何とも言い難い寂寥感が伴うのは『嬉遊曲』らしい。
しかし…、白鳳学園のキャラが私のアレと全然違うのが…。いやまあチョモをツッコミ役に配した時点でかなり間違ってるんですが。

●花咲くオトメのための嬉遊曲 イレギュラーズ 「Lose Contorol」
elfics.comでダウンロード可能。本編と同じスクリプトで読めるデジタルノベル。光徳学園キャラなどの描き下ろしアリ。
地区大会後の光徳学園との練習試合の模様を描いているのだけど、これだけだと姫とたえ子がボコボコ打たれて惨敗、ってだけの話だよなあ。相変わらず濃密な野球描写はさすがだが。
マガジンエルフィックス』収録の遠征SSと合わせて読まないとおもしろさは半減かなあ。

●遠征SS『花咲くオトメのための嬉遊曲』~1stイニング・青柳たえ子~
マガジンエルフィックス vol.004』、これのためだけに買ってきました。
って連載ですか? 次回以降も買わんといかんな…。
SSとイラストが4ページ。第1回は侠気のサイドスロー・青柳たえ子嬢が主役。
たえ子もゲーム本編ではあまり出番が無かったので嬉しいところ。
ああ、こんな話を読まされると考えていたたえ子×姫の(エロ)妄想がまたむくむくと…。
あとやっぱり信はヤなヤツだと思いました。嫌いじゃないけどね。

●『花咲くオトメの嬉遊曲』サイドストーリー
『とらのあな』の無料配布冊子『虎通』に収録されている短編SS。今のところ94、95、96号に掲載されている模様。
94号、95号は未入手(96号収録はサントラに収録されていたものと同一)なのでコメント不可。後日、フォローされるようなのでそれを気長に待ちます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nokotsudo.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/26

コメントする