| 7 / 8 |
1 2 3 4 5 6 7 8

2005年05月14日

野球少女は白球に何を想うのか

えー、イマサラながら『花咲くオトメのための嬉遊曲』について触れてみます。
……ホントに今更ですな。スルーしようかとも思ったけど、さすがにそりゃあまずいだろうという事で。

最初に、LOVER-SOULのサイトや初回版のブックレットに掲載されている、私の書いた解説(というかなんというか)について。
ゲームの頒布前に解説をお願いされて、プレッシャーを感じつつ結構気合入れて書き上げたのだけど、幸いなことに評判も上々だったようで胸を撫で下ろしたですよ。ま、役得もあったしね。
しかし、初回版ブックレット、最初に見たときはかなり焦った。
だって私の解説文に4ページも割かれているんだもの。しかも、スタッフのコメントとか他にも色々文章が載っているもんだと思ってたのにイラスト中心の構成。なんだか私のためにつくられたかのようでした。あんな妄想垂れ流しまくりの文章なのに。
ただあのブックレット、改行位置がおかしいんだよね。そこがちょっと気持ち悪い。一応ウチのサイトにもアップしてあるので読む時はそっちも見て貰えると嬉しいです。
ちなみに前に言っていたのはこのことです。後日、遅すぎ。

んで、ゲームをプレイした感想など。
何より全体を通して流れる雰囲気が良い。
野球に青春を賭ける少女達の悲愴感というか寂寥感というか。
野球なんて所詮ただの球遊び。その中でささやかな栄光を掴み取れるものでさえほんの僅か。
しかもそんな小さな栄光を勝ち取った僅かなものたちにも、女子野球というマイナーなジャンルにおいては将来を約束するものではない。
それでも少女達は野球に青春を賭ける。白球の行方に一喜一憂する。喜び、涙を流す。
そしてそれに私は堪らなく魅せられる。
田中松太郎さんの描くキャラクターもその魅力を増加させている。
各キャラクターのエンディングが全然ハッピーエンドじゃ無いなどという意見もあるようだが、私はあれでいいと思う。
個人的には二つあるバッドエンドが大好きだったりする。あのエンディングこそ『嬉遊曲』の世界観をよく現しているんじゃないかと。

あと、野球描写がしっかりしているのもうれしい。
女子野球ものにおいて、野球描写はある意味鬼門。最近はそうでもないけど作り手が野球を全然分かってないってことが今まで多すぎた。『ドキプリ』とか『プリナイ』とか。
技術的、専門的な知識だけじゃなくて、野球に対する哲学と言うか思想と言うかが素晴らしい。
乃雪の打撃理論と言うよりむしろ打撃思想、あれには痺れた。
(後に『バッテリー』の原田巧にも同じものを感じたのだけど、投手と打者の違いこそあれ天才というものは通ずるところがあるのかも)
ただ逆にマニアックすぎるところはかも知れない。
例えばカッター(=カット・ファスト・ボール)がどんな変化球かわからないとか、そんなレベルだと楽しめない恐れもある。

今作は野球描写が濃密なのはもちろん、マニアックなネタも多い。枯堂夏子の『天地無用』の歌の詩が大きな話の軸にもなっているけど、個人的には「滝沢、須永、中山、牧野」に涙が出た…。この辺は同人ならでは。
「同人でよくここまで」と「同人だからこそできる」が両立していると言えるかもしれない。ある意味理想的。

多くの人が言っているようにいくつか不満点は確かにある。
私も終盤の展開があっさりしていいることには不満を感じたが、あれは主人公とヒロインの関係性に焦点を絞ったためだとも言える。
逆に言うとプレイヤーの側に妄想の余地もあるし、他の展開でのフォローも考えられる(実際サブストーリーが展開しているし)。
あとHシーンがちょっと浮いてたかなあと。急にエロエロになるし、母乳だし。

とは言え、女子野球ものというマイナーな上に扱いが難しいジャンルによくぞ挑戦し、更に結果を残してくれたと言いたい。
私にとっては作品自体だけでなく、解説を書くにあたって様々な女子野球ものを読み返して女子野球の魅力を再確認させられたりと、女子野球熱を再燃させてくれた作品でもある。
素晴らしい作品をつくり出してくれたLOVER SOULのスタッフの方々に感謝と賛辞を。
この作品に僅かなりとも貢献できたことを光栄に思います。

2005年04月30日

えっちなのはいけないと思います

こんなのを見つけたんですが…。

女野球道残酷物語(18禁サイトへのリンクですので注意!)

やっぱウチで扱わんとダメですか? 絶対野球してなさそうなんですが。

2005年04月28日

『ハイブリッドベリー』完結

『ハイブリッドベリー』第2巻げと。

ハイブリッドベリー (2)
ハイブリッドベリー (2)

2巻で完結。まあ『マーガレット』本誌読んでたからショックはないんだけど。
Angel Heart Clubでも指摘されてましたが、「新聞22紙で紹介!」(新潟日報でも!)「ブレーク予感の少女漫画」「かなり期待値高し」などという帯のアオリが虚しい。予感だけで終わってるし。期待値の意味を間違ってるし。

2巻の見所はマネージャーの茉柚と要の男装でしょうか。
個人的にはライバル校のマネージャー・成田さゆりがポイント高し。しかし要は勿論のこと、茉柚と言いさゆりと言い女性キャラが揃いも揃って逞しいなあ。
しかし要、甲子園さえ知らなかったのに、アオダモがバットの材料だってことは知ってるのね。
茉柚が「12球団存続ミサンガ」をつけてたりとか、初芝スタイルのストッキングが好きだとか、『マーガレット』読者を置いてきぼりなネタが満載なところも素敵。

ラストの終わり方は唐突だったのは、やっぱり勿体無かったなあ。
それにしても…、野球少女に恋するときの一番のライバルは“野球”そのものなんだよね、やっぱり。



少女漫画と女子野球の関係については色々と思うところがあるのでそのうちまとめて文章にしたいと思っとるんですが…、例によっていつになることやら。

2005年04月26日

海に消えた美人投手

4/21付スポニチの終面に興味深い記事が載っていたので紹介(webでは見られないはず)。
それは80年前、1925年に来日したアメリカの女子プロ野球チームの話。

女子プロ野球といえば映画『プリティリーグ』のモデルとなったAAGPBL(全米女子プロ野球リーグ)が有名だけど、それ以前にも1890年代から女性の権利向上の機運を背景に女子プロ野球チームが存在したらしい。
もっとも時代が違うし、バッテリーは男子が務めることが多かったなど、今の野球とはかなり趣の異なるものだったんだろうと思う。

来日したのはフィラデルフィア・ボビーズという女子チームで大学チームやクラブチームと対戦(この頃まだ日本にプロ野球は存在しない)、各地で大歓迎を受けたと言う。
だが、遠征の途中資金が無くなり、三人いた興行主の内二人は逃げ出し一人は破産、チームは立ち往生してしまう。
チームはなんとか帰国しようとするオーナー派と韓国で試合をして旅費を稼ごうとする監督派に分裂。オーナー派は支援者からの援助でなんとか帰国した。
韓国に渡った監督派だったが大した収入は得られず日本に戻る。監督は個人的に本国から少々金を送らせることに成功。監督夫妻は無情にも選手を置いて帰国してしまう。
選手の親と神戸の人々からの寄付金でようやく選手達も帰国の途に着くこととなったがここでも不幸に見舞われる。乗った船が嵐に遭遇。エースのレオナ・カーンズが波にさらわれて海に消えてしまったのだった。
なんともせつない話ではあるが、野球というスポーツの歴史に想いを馳せさせられた。



記事には当時の雑誌「野球界」のボビーズの選手紹介記事も掲載されていたのだが、これがちょっといい感じなので引用。

N・シェンク(一塁手) 花形選手。20歳。ダンスの名手。
I・ルース(投手) いかにもアメリカ娘らしい可愛い女性。ダンスを好む。
L・シェスタ(左翼手) 21歳。ダンスと音楽と野球が何より好き。
N・イーキン(捕手)20歳。強肩の持ち主。
N・スパングラー(右翼手)18歳。フィラデルフィアの資本家の娘。買い物好き。
I・フィリップス(捕手)15歳。将来も野球選手を続けるつもり。
A・ノーラン(二塁手)19歳。活発な選手。
A・カーラン(投手・中堅手)20歳。スローカーブを得意とする。
I・ホートン(遊撃手)13歳。金髪の美少女で、チームのスタープレーヤー。
F・ガーネット(三塁手)14歳。金髪の美人。打撃に自信あり。
M・オーギャラ(オーナー)26歳。ときには中堅手として出ることも。
この紹介だけで腐った女子野球オタとしては妄想が湧いてくるなあ。
ファーストネームが載ってないのが惜しいところ。

2005年04月08日

ミスターマドンナ

先日上京したときにまんだらけ渋谷店でようやく2,3巻をゲットしたので『ミスターマドンナ』について触れておきましょうかね(女神たちの球宴作品紹介)。

女子野球ものは数あれど、主人公がニューハーフ、つまり性転換した男性というのは他に例を見ない(はず)。『メイプル戦記』の神尾瑠璃子さんは心は女でも体は男のままだったし。
そのニューハーフ投手・天馬翔子が男顔負けの度胸と勝負師っぷりを発揮して男どもを手玉にとって行くってな話。
作品としては画力がイマイチであまりマンガが“巧い”とは言えないのだけど見所が無い訳では無い。

おもしろいところはこの作品、90年から92年のプロ野球を舞台にしている。
そして91年と言えばプロ野球協約第83条第1項、つまり「医学上男子でないもの」という条件が消えた年。
作品が始まった頃には第83条があったので天馬はニューハーフでなくてはいけなかったけれど、作品の途中で協約が変わってるんですな。
ゆえに作中で3年目にあたる92年には女子のライバル大迫豊子が登場し、ニューハーフ対女子選手という女子野球作品の中でも異色の展開が起こる。
さらに女性監督も加わって盛り上がってきたのに打ち切りっぽく終わっちゃったのは勿体無いな。

もうひとつおもしろいのは、この作品ではプロ野球はセ・パともに8球団の合計16球団で行われている。
セ・リーグは天馬の所属する北海ベアーズと四国の瀬戸内パイレーツ、パリーグは仙台と金沢に球団が新設されている。
なんか微妙に現実とリンクしていておもしろいが、

> 新球団は既存の各球団から選手を供出されたと言っても引退間際の選手 よくて一軍半
> いくらドラフトで優先的に選手を獲得させてもらったところで戦力不足は否めず新球団はすべて開幕から負け続けていた

というくだりはイーグルスファンには笑えないよなあ。

さらに、ベアーズの本拠地・札幌ドームは『メイプル戦記』にも登場しているので驚くに値しないのだが、問題はマスコット。
エロズリー(偽)
ゲェーッ! エロズリー!!

2005年04月04日

春はセンバツ!

高校野球ってあんまり関心はないんだけど、今年は少し気に掛けてました。
個人的に神村学園を応援していたんだけど、惜しくも決勝戦で破れ準優勝に。
試合は観られなかったんだけど、延長14回サヨナラ負けだったそうで、決勝戦に相応しい好勝負だった模様。
埼玉栄も強豪校だし、この2校のライバル関係は夏の大会に続きそう。

あー、もちろん全国高等学校女子硬式野球選抜大会の話ですよ。
男子の方のセンバツでは創部3年目で初出場の神村学園男子野球部が決勝進出で話題になりましたが、女子野球部の方は以前から(一部では)有名。
全国でも初めて女子の硬式野球部を設立し、女子の全国大会でも何度も優勝している強豪校だったりします。男子野球部よりも歴史は古いのだ。
明治大学野球部から女子として六大学のマウンドに上がった小林千紘投手も神村学園女子野球部の出身。
神村学園は元々女子高だったため、今でも女生徒が7割を占め、男子は200人に満たないんだそうで。霞ヶ浦(『ドキプリ』のね)みたいだ。
スポーツに力を入れている私立校とはいえ、そういう環境での男子野球部の快進撃は立派。
男女ともにセンバツ準優勝ということで、アベック優勝だったら当然ながら史上初の快挙だったのに、惜しかったなあ。
……そうなれば女子野球部にももっとスポットが当たったのにね。

(参考)
全国高等学校女子硬式野球連盟
女子高野連のページ。更新されてませんが。
こちらアマチュア野球情報発信局
アマチュア野球に関する情報が満載。特に女子野球についての情報はこちらが随一かと。

2005年01月04日

俺達のリーグ

大分前に掲示板で教えてもらった『ヒューマン・リーグ』をようやくゲット。

神丘高校野球部にやってきた転校生・芝木英介は二十歳の高校生(ゆえに公式戦には出場出来ない)。
野球部の面々は一癖も二癖もあるヤツばかり。ど真ん中しか投げられない速球投手、ユニフォームを汚さない美学を持つ二塁手、盗塁しない俊足の一番打者、愛のサインを交換し合うレフトとライト……。
そして選手達をまとめる監督は女生徒の中山小春ちゃん。
そんな個性的過ぎるチームメイトたちの悩みやコンプレックスを英介が一緒に解決していき、やがては英介自身が抱える苦悩を乗り越えていく。

これは、なんとも気持ちのいい野球漫画だなあ。うん、大好き。
俺達がどうして野球に、スポーツに熱狂するかといえば、やっぱり人間がやっているからなんだよ。
スポーツを通して、人間の生命と魂のきらめきが見えるから。
それは、リトルリーグだろうが、大リーグだろうが変わらない。
……だから、ヒューマン・リーグ。

一応、女子野球サイトの管理人としての視点でも。
本作のヒロインである(いや、ヒロインは風子ちゃんか?)である中山小春嬢。前述のように女子生徒ながら監督を務めている。
第1話は小春がチームに監督として認められるまでを描いていて、小春はどうして自分は男じゃないのかと涙を流す。
その後も監督なのでストーリーの中心に絡み、熱血野球少女ぶりを発揮してくれる。
ちなみに、数少ない女性キャラなのでサービス担当でもある。表紙や扉絵でも大活躍。
英介と並び、もうひとりの主役と言っていいんじゃないだろうか。

2004年12月15日

セックス、ベースボール&ロックンロール

女子野球作品リストに載せ忘れてましたが。
Amazonのマーケットプレイスで1円(!)だったので購入。ちなみに送料が340円。なんだかな。

セックス、ベースボール&ロックンロール
セックス、ベースボール&ロックンロール

作者の高口里純さんは『花のあすか組!』なんかで有名。
スポーツの名門・友星女学園に転校してきた主人公・如月五月樹(きさらぎ・めいき)は超人的な運動能力を持つ少女だが、その能力には致命的な欠陥があった。
天然ボケ気味の五月樹と仲良くなった小鹿蛮美(こじか・ばんび)はスポーツ特待生なのに恋愛至上主義。スポーツよりも恋愛に夢中。
そんな凸凹コンビが、五月樹が唯一力を発揮できる野球に挑むことに。ついに友星女学園に女子野球部が発足する。
……てなところで終わってます。話的にも中途半端なので打ち切りだったのかも。確かにあんまりおもしろくないかなあ。
タイトルはもちろん“セックス、ドラッグ&ロックンロール”のモジリですが、格話のタイトルもダジャレてます。「ヘイ柔道」とか「あい試合ってるかい?」とか。

まあ、こんなのもあるよ、ってなところでひとつ。

2004年11月24日

ふたりの勇気

女神たちの球宴』はフィクションの女子野球を扱っているわけだけど、現実の女子野球には無関心というわけでは無い。
というより、現実とフィクションは無関係では有り得ないので、フィクションの女子野球に関心を持てば自然に現実の女子野球も無視することは出来ない。
そんなわけで、『エレクトリックパーク』と一緒に注文した『東京六大学野球女子投手誕生物語 ふたりの勇気』を購入。

東京六大学野球女子投手誕生物語―ふたりの勇気
東京六大学野球女子投手誕生物語―ふたりの勇気

2001年、東京六大学野球に登場したふたりの女性投手、東大・竹本恵投手と明大・小林千紘投手のインタビューを中心に、ふたりの女性投手を取り巻く環境や東京六大学野球を始めとする大学野球の現状、そして女子高校硬式野球の現在と将来について語られている。
マイナーな女子野球、ふたりの女性選手や女子高校野球についてなど、興味があってもなかなか情報が少なかったので貴重な資料でもある。
ふたりのインタビューからは外から見ていると分からない苦労や、男子野球の常識に慣れきった思考ではなかなか気付かない見方などもあって興味深い。
ふたりとも性格やタイプは全然違うんだけど、高い目的意識、目的を達成するために自ら方法を模索する思考力、さらに障害に負けない強い意思はやっぱり共通している。
竹本、小林両選手とも大学卒業後は野球から離れた進路を進んだけれど、彼女達の果たした役割はやはり大きかったと思う。
女子高校野球も、いまだに状況は厳しいものがあるとはいえ、いまだに旧態依然とした男子高校野球と違い、より健全で自由な方向に発展していく可能性を感じられた。今後の発展に期待したい。
 
 
 
……この本を某原稿を書く前に読んでいればまた違った感じに書けたかも。
まあ、逆に書けなくなった気もするのでよしとするか。

2004年11月03日

読書日和

そんなわけで昨日の戦利品の感想など。

・おおつぼマキ『Baby<ベイビィ>』(1)(2)
『ヤングチャンピオン』に連載されていたコミック。
天才的な野球少女がダメダメな野球部に入って……、という辺りは女子野球のお約束ではあるが、ヒロイン・六甲園子が関西弁を操る不良娘というのがポイント。
青年誌掲載なのでエロ描写も結構ある。園子は男子部員を挑発するし、男子部員は園子をオカズにオナニーしたりする。
野球ものとしてもそれなりに読めるが、中途半端なまま2巻で終了している。
ちなみに私の中での園子のイメージボイスは永澤菜教さん(『プリンセスナイン』の吉本ヒカル役)だ。

・高橋千鶴/矢島正雄『16歳のラストスパート』(1)(2)
20年くらい前の『少女コミック』に連載。この頃って『少コミ』って週刊だったんだー。
病気であと半年の命の美沙は残りの時間を憧れの三輪さんと同じ時間を過ごすために男装して野球部に入部する。試合を続けるたびに美沙の体は弱っていき、ついには……。
美沙ちゃん、可愛いなあ。繊細なタッチの画が私好み。少女漫画はこうでなきゃ。
美沙がなぜ天才野球少女なのか謎だったり、病気の美沙が甲子園決勝まで投げ抜くのはかなり無茶だとかいろいろありますが、クライマックスはすごいです。これだから少女漫画はあなどれない。

・弓月光『おたすけ人走る!』(3)
これも25年ほど前の『マーガレット』に連載。もちろん『マーガレット』も週刊だ。弓月光さんて少女漫画も描いてたんだね。
3巻しか無かったのでなんとも言えないですが、この頃の少女漫画のギャグマンガだなあって感じ。

・井上ひさし『突撃する女』
『たそがれやくざブルース』に収録されている短編。
初出は75年、って『野球狂の詩』とほぼ同時期。
ジャイアンツを見事最下位に導いた長島茂雄がチームの救世主として見出したのはアン大島というハーフの少女だった。
アンの年間成績が71勝8敗(ジャイアンツの勝ち数が78勝)とかバストが112cmとか突っ込みどころだらけ。ラストもぽかーん、てな話。色々な意味で時代を感じさせられる。
長島さんの愛妻っぷりが一番の見所かも。

・村上哲哉『ラスト・マジック』
新潮ファンタジー・ノベル大賞応募作。ファンタジーを冠した賞に本格野球小説を持って来るのは電撃大賞応募作の『若草野球部狂想曲』といい勝負だ。
これは女子選手ではなく女子監督もの。パ・リーグのお荷物球団の監督に女子高生・東由貴(って『プリナイ』のユキと同姓同名だね)が就任してしまう、てな話。
女子高生としては野球に詳しい由貴だが、実際に監督としてはほとんど役に立ってないのがリアルっちゃあリアル。
その分、チームに対する愛情と情熱で反発していた選手たち、そして父親の心を動かす強さを持っている。
タイトルの『ラスト・マジック』は優勝へのマジック・ナンバーと、由貴の祖父が最期に掛けた魔法とのダブルミーニング。
……バファローズも女子高生を監督にすれば消滅しなくてすんだかも。

| 7 / 8 |