≪ prev | 1 / 3 |
1 2 3

2011年05月08日

ガタケット115 アニソンライブプラスワン#3

我らがクッシーこと串田アキラさん(とアップルパイ)がガタケットで開催されるライヴ・アニソンライブプラスワン#3に出演するということで行ってきました。
3回目となるガタケのアニソンライヴ、3回目にして初参加です。
ついでにガタケも覗いてこようかと思ったんだけど、昼寝してて寝過ごしたので断念。
ガタケのカタログが無いとライブ会場には入れなかったけど、屋外ステージだったので柵の外側で観覧していました。

とりあえず曲目リストは以下。

串田アキラ/キン肉マンGo Fight!
アップルパイ/アップルカーニバル
串田アキラ/疾風ザブングル
串田アキラ/乾いた大地
串田アキラ/神魂合体ゴーダンナー!!
アップルパイ/ACE ATTACKER
串田アキラ/機動刑事ジバンメドレー
 機動刑事ジバン~未来予報はいつも晴れ
串田アキラ/世界忍者戦ジライヤメドレー
 ジライヤ~SHI・NO・BI '88
串田アキラ・杉山小絵子/裂空!学園特捜ヒカルオン
串田アキラ/ざっくり戦士ピラメキッド
串田アキラ/ガツガツ!!
アップルパイ/おジャ魔女どれみ・プリキュアメドレー
 おジャ魔女カーニバル!!~おジャ魔女でBAN2~DANZEN! ふたりはプリキュア (Ver. Max Heart)~まかせて★スプラッシュ☆スター★
平山佳代子/ラヴ・スコール
アップルパイ/プリンセスムーン
アップルパイ/ムーンライト伝説
石田燿子/乙女のポリシー
石田燿子/STRIKE WITCHES 2 〜笑顔の魔法〜
串田アキラ/ドラゴン・ロード
串田アキラ/Regret nothing ~Tighten Up~
串田アキラ/We are the ONE 〜僕らはひとつ〜
串田アキラ/星空のメッセージ
串田アキラ/強さは愛だ
串田アキラ/宇宙刑事メドレー
 宇宙刑事シャリバン~宇宙刑事シャイダー~宇宙刑事ギャバン
串田アキラ・アップルパイ/太陽戦隊サンバルカン

司会はショッカーO野さんと貝原怜奈さん。
ショッカーさん、相変わらず軽妙なMCで盛り上げてくれました。

串田さん、今年63歳になるというのに衰え知らず。
歌ってテレビやCDで聴くより生の方がずっといいのは当然なんだけど、串田さんは特にそう思う。ホント、迫力がダンチです。
オーズの話もあったし、おなじみの富士サファリパークのCMやALSOKのCMソングもアカペラで歌ってくれました。
今日は歌詞の度忘れが多かったけど、それもご愛嬌。
個人的には串田さんの歌で一番好きな『乾いた大地』が聴けただけでも大満足(サカタ代表のリクエストだったらしい。流石わかってる)。

アップルパイのお二人も相変わらずお綺麗でミニスカートが似合っておりました。

そしてサプライズゲストは石田燿子さん。今は新潟在住だそうで駆けつけてくれました。
先日の古町のイベントでは聴けなかった『STRIKE WITCHES 2 ~笑顔の魔法~』も聴けたしまさに望外の喜び。

正直、1時間くらいのミニライヴだろうと予想していたんだけど、ガッツリ2時間、たっぷり楽しめました。
無料なのが勿体無いくらい。有料でも十分元は取れるライヴでした。
恒例になりつつあるようなので、次回も楽しみにさせてもらいましょう。

2011年03月13日

うたがある

東北地方太平洋沖地震に被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
また、残念ながら亡くなられた方々には謹んで哀悼の意を表します。

久々のブログの更新がこんなネタってのがやるせないですが…。
新潟市はかなり揺れたといえ大きな被害は無く、我が家の影響はほどんどありませんでした。
とはいえ、テレビに映される被災の様子を観るたびに胸が痛みます。観ているだけの私でさえ気が滅入ってくるんだから、被災された方の気持ちは如何ばかりか。
でもまあ、私が落ち込んでいても誰の助けにはならない訳で、今すぐできることということでヤシマ作戦に乗って節電中。部屋の明かりを消して暖房も切ってこの文章を書いてます。イマイチ新潟でやる意味があるのかわかってないですが、同じ東北電力圏内なのでやらないよりはましだろうと信じて。
義援金についてはもう少し落ち着いてから考えます。いつやっても遅すぎるということは無いでしょうし(給料日前だし…)。

テレビは被害の悲惨さばかり映していることもあり、専らTwitterで情報収集。
どうしてもデマやら誤報が多くなってしまうところはありますが、それでもニュースの速報性やインフラの安定性、現地からの生の声については他のメディアの追随を許さないですな。
また、普段はしょーもないつぶやきやアニメの実況ツイートばかりしている人たちが、現地の方々のために必死に有用な情報をリツイートしていたり、被災された方々に対し心を痛めているのは、言い方は悪いですが非常に興味深いものがありました。

Twitterだけでなく、日本中、いや世界中の人々の想いがたくさん集まっていることを知って嬉しくなりました。
最近は、なかなかこの国の現状や将来に対して悲観的にさせられるニュースばかりですが、まだまだ日本は捨てたもんじゃないね。神戸が、中越が復興したように、東北も必ず復興できると信じられました。

テレビはTV東京でさえも地震情報を流している中、昨夜の青春ラジメニアは通常通りの放送でした。
途中から聴けなかったので録音していた放送を今、聴いています。
私のツイートも多くの方がリツイートしてくれました。
阪神淡路大震災のときも放送をし、神戸の人々に勇気を与えたラジメニア。今回も被災された方がラジオから流れるアニソンに、岩ちゃん・かおりんの声に少しでも励まされたなら一ラジメニアンとしても嬉しいです。

私の敬愛する山本正之さんの歌には、愛が、勇気が込められた歌がたくさんあります。
その中でも特に『復旧オカエリマンの歌』と『大義援オモカゲマン』が、今にふさわしい歌なので紹介します。
オリジナル音源はweb上に見当たらないし、著作権上の問題もあるので紹介できませんが、ニコニコ動画で歌ってみた方の歌と歌詞を紹介します。

復旧オカエリマンの歌 山本正之 歌詞情報 - goo 音楽

大義援!オモカゲマンの歌 山本正之 歌詞情報 - goo 音楽

今、被災で苦しんでいる人のもとに、オカエリマンが、オオモカゲマンが助けに行きますように。
そして、もし苦しみに耐えかねてる人がいたら、空を見上げて、歌ってほしい。
歌には力があると思うから。
 
 
 
痛いのを あのつらいのを 消してしまえよ

2010年03月28日

『ヒーローは永遠に in アピタ』'10春

恒例のBSNのスペシャルライヴヒーローは永遠に in アピタ、今回のゲストは成田賢さん&松本梨香さんのお二方。

ひとまずセットリストはこちら。

~ミニライブ~
(成田賢さん歌唱)
誰がために / サイボーグ009(第2作)
ああ電子戦隊デンジマン / 電子戦隊デンジマン
デンジマンにまかせろ! / 電子戦隊デンジマン

(松本梨香さん歌唱)
ひとりでいるより自由な場所
ポケモンメドレー(めざせポケモンマスター~ライバル!~タイプ:ワイルド) / ポケットモンスター

~公開録音~
(成田賢さん歌唱)
誰がために / サイボーグ009(第2作)
九つの命 / サイボーグ009(第2作)
コスモス・ドリーム COSMOS DREAM -宇宙をかける夢- / 新竹取物語 1000年女王
ああ電子戦隊デンジマン / 電子戦隊デンジマン
デンジマンにまかせろ! / 電子戦隊デンジマン

(松本梨香さん歌唱)
Alive A life / 仮面ライダー龍騎
ひとりでいるより自由な場所
まんまる
生きてこそ / 甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~
スパイシー・ライフ / ママはぽよぽよザウルスがお好き
めざせポケモンマスター / ポケットモンスター


開始前のBSN・喜谷アナの前説。写真撮影は禁止だったのだけど、まあ喜谷さんくらいはいいだろう。イブニング王国で毎日観られるし。
喜谷さん&BSNのスタッフの方々は昨日、アピタ新潟西店の方で川口和久を招いてのプロ野球開幕公開生放送もやってました。御苦労様です。
過去のイベントと比べても観客は多かったです。開始10分前に着いたのでかなり後ろの場所になっちゃいました。

ミニライブが13時から約30分。公開録音が15時からの約1時間30分という構成でした。間が空き過ぎて暇つぶしが大変でした。まあ、この間にアピタで買い物をしろってことなんでしょうな。

成田賢さんはWikipediaによれば64歳(水木アニキよりも年上!)ながらも、30年前と変わらぬ歌声で、あの独特のシャウトもそのまま。26年の間、音楽の世界とから離れていたというのは信じられないなあ。
トークの方もなかなかお茶目で楽しかったです。ジャケットにオープンフィンガーグローブと服装も若々しい(つーかなんでベテランのアニソン歌手って独特の服装の方が多いの?)
また、『東ハトキャラメルコーン』や『赤福餅の唄』といったCMソングも披露してくれました。

松本梨香さんは相変わらず元気でパワフルな歌声。
トークの方も楽しかったけど、話が長くなって巻きが入ってました。子供たちがポケモンを歌ってほしがってるのに「歌うと帰っちゃうじゃん」と身も蓋も無い発言も。
ポケモンの曲中心なのかと思いきやオリジナルソングやカバー曲も入る構成。『スパイシー・ライフ』はビックリ。見てなかったはずなのに覚えてたなあ。
子供たちじゃないけど、もうちょっとポケモンの曲も聴きたかった気もする。『僕らのヒーロー・絶対無敵ライジンオー』とか贅沢は言わないので。

というわけで、今回も楽しいイベントでした。次は誰が来てくれるのか、今から楽しみにしてましょう。
あ、あとイベントに行った方はアピタのサイトのお問い合わせフォームから今回のイベントの意見を伝えましょう。イベントの存続はあなたの意見にかかってます! などとBSNの回し者のようなことを言ってみたり。


成田賢さんのベスト盤。これもそのうち買いたいと思います。

2009年02月13日

新潟始まったな

今年の3月にかけて、新潟でアニメ関連のイベント・ライブがなぜか開催されまくります。

3月7日~4月12日 高橋留美子展

3月4日 FM PORT Q職 THE WAVE フェスタ ~番組公開録音&アーティストライブ~
ゲスト:May'n

3月22日 ガタケット103同時開催 アニソンライブプラスワン#1
ゲスト:☆Mojo・石田燿子 司会:ショッカーO野・貝原怜奈

3月28日 ヒーローは永遠に!inアピタ ~山本正之とヤッターマンの歌~
3月29日 アニソンしばり2009・銀幕で逢いましょう at NIIGATA
ゲスト・出演:山本正之

新潟でアニメ関連のイベントなんて年に1回あればいいところなのにどうしてしまったんだろう。
高橋留美子は水島御大と並ぶ新潟出身の漫画家として有名だし、ガタケットや『ヒーローは永遠に!』は今までも豪華なゲストを呼んでいるのでわかるんだけど、FMポートが歌シェリルの人を呼ぶとかローカル局の癖に頑張り過ぎ!(あ、『Q職 THE WAVE』の情報は莫煩悩~(´ー`)~より。いつもお世話になっとります)
今まで新潟に住むオタクがこんなに恵まれたことがあっただろうか…。私も新潟に住むオタクの端くれとして可能な限り参加したいと思ってます。

今年の新潟の春は熱いぜ!

2008年12月24日

またまた『素晴らしき山本正之の世界』&BSNラジオの中の人からメールをもらった件について

nokotsudo miniではすでに触れましたが、過去2回にわたり新潟県内のみならず全国のマサユキストを驚愕させた『素晴らしき山本正之の世界』が今年も12月30日13時よりBSNラジオにて放送されます!(前回、前々回のついてはこちらこちらでどぞ)
今回はなんと2時間半。そして前回同様長編シリーズのあの名曲もフルで流してしまうとの事。
すごいよなー、年の瀬の昼下がり、年末の大掃除をしてたり、帰省して実家でのんびり過ごしているだろう時期に、新潟県全土に2時間半も山本正之の歌を流し続けるんだから。
大晦日の今日は一日『アニソン』三昧も凄いと思うけど、企画のトンデモっぷりではこっちも負けてないと思います。

今回の『素晴らしき山本正之の世界』もディレクターを務めるのはBSNの営業の北川さん。
アピタでの公開録音イベント『ヒーローは永遠に』のディレクターもやっている方で、うちのブログでも触れた事があります。
その北川さんからなんとウチのブログに書き込みがあり、メールで色々お話を伺うことができたので、メールの内容を北川さんの許可を得て一部転載します。
まず、以前も少し紹介した数年前にBSNラジオで放送されていた『ヒーローは永遠に』について。

>(宇宙刑事3部作のOPをフルコーラスで流すような番組が突然始まって当時驚いた事に対して)でしょう?驚きましたよね?作っている人間が楽しんでいた、趣味の番組でしたから。
>もともとは月~金曜日の夜番組「気まぐれシャベリーノ」という番組の木曜日が「東宏典のテレビアンソロジー」というサブタイトルでありまして、世のアニメファンの方々を満足させる番組作りに徹したのが始まりです。
>編成の都合で、直ぐに終わってしまいましたが、歴史的な番組であると自負しています。

すぐ終わっちゃったのはやっぱり編成上の理由だったんですなー。
また、コメント欄で教えてもらった『キタガワリョウのアニメの王様』についても教えてもらいました。

>こっちはもっと歴史的な番組です。編成の都合で空いた5分枠を私が頂戴し、自分で企画、選曲、編集し、放送していました。
>ささきいさお氏が別番組で新潟に来ている時、帰りの新幹線に乗る直前、車移動の時が放送とかぶるであろうことを予想し、ささき氏の曲をガツンとかけた時は、本人から御礼の電話をいただきました。
>あまりにも身勝手な番組なのと、5分のあまり枠が取れなくなったので7回の放送で終了しました。
>残念です。

5分枠の番組で7回のみって、新潟県民で番組の事を知っている人って何人いるんだろう…。聞いてみたかったなー。

また、正之さんをアピタの公開録音へ出演を了承してもらった経緯についても教えてもらいました。
こちらについては詳しく書けないけども、オープンスペースでのライブに正之さんを呼ぶのがどんなに大変かはマサユキストならば想像つくかと。それを実現したのはひとえに北川さんの熱意と誠意の賜物かと思います。

最後にもうひとつ、北川さんからのメールから転載させてもらいます。

>「心に残っている素晴らしい歌を、大勢の人と共感したいから、こんな番組を作っている」だけなのです。

こういう事を言える人がBSNラジオという地元ラジオ局にいるというのは幸運な事だと思う。また、こういう人が力を揮えるBSNラジオもいい会社なんだろうな。
30日の『ヒーローは永遠に』、また、きっと近いうちに行われるだろう『ヒーローは永遠に』も楽しみにしてます。
今後も、我々をビックリさせるような番組やイベント、楽しみにしています。



悩惚堂本舗はBSNラジオを応援しています!

2008年10月18日

アニキ再臨! 『ヒーローは永遠に! inアピタ』

恒例の(と言ってもいいよね、もう)アピタで行われるBSNスペシャルライヴ『ヒーローは永遠に』、今回は水木アニキが再登場。
昨日の正之さんのライヴのため休みを取っていたため、当然参加。

例によって自転車でアピタ新潟亀田店へ。新潟は最近好天続き。多少向かい風だけど爽やかで気持ちいい。
開始時間の20分ほど前にアピタについたものの様子がおかしい。いつもの特設スペースには何も無いし、店内を回ってもそれらしいスペースも無し。
困ってサービスカウンターのお姉さんに聞いてみたら「小新のアピタですよ」って、ええ!?
いやちゃんと確認しなかった私も悪いんだが、今までずっと亀田のアピタだったじゃん。今回も亀田だと思うだろ普通。
慌てて自転車で10kmの道を帰る私。帰りは追い風なのが救いだが、気持ちがいいなどと悠長なことはいっていられない。35km/hオーバーでひた走る。くそー、最初からわかってたらウチから5分だったのにぃー。

結局アピタに到着して会場に辿り着いた時にはライヴはすでに半分終わっていた。
後で他の参加者のブログやmixiを見たところ、前半は『マジンガーZ』や『コンバトラーVのテーマ』など定番曲を歌っていたらしい。
後半も『仮面ライダー』メドレーや『超人バロム1』、『ルパン3世 愛のテーマ』、『キャプテンハーロック』などお馴染みの楽曲を歌唱。
公開録音終了後は『懐かしくってヒーロー』も熱唱。
定番曲ばかりだったし、半分しか参加できなかったので物足りなかったのは確かだけど、久しぶりにアニキの生歌を聴けたのは嬉しかった。還暦過ぎても相変わらずエネルギーに満ち溢れてるなー。凄すぎる。
また、ぜひ新潟で熱い雄叫びを聴かせてください。待ってますので。
あ、会場で会った友人Tくんも最初亀田店に行ったらしい。やっぱり亀田だと思うよなー。

来週は成田賢さんが登場(今度は亀田店へ)。残念ながら仕事なので東鳩キャラメルコーン『誰がために』を聴くことはできません。
BSNラジオの放送だけでも忘れないようにしなくては…。

2008年07月03日

『ドロンボー伝説'08』

オープニングテーマの騒動もすっかり忘れ去られ、視聴率も下がる一方の『ヤッターマン』ですが、お三方が揃って健在の内に三悪を演じる機会をつくったという点には存在価値があるかと思う。
あとはまあ、多くの人が山本正之の魅力を再認識したことくらいか。まだ放送は続くので結論付けるのは早計かもしれんけど。

更にもうひとつ価値があったとすれば、このCDが発売されたことかもしれない。

ドロンボー伝説’08(DVD付)ドロンボー伝説’08(DVD付)
山本正之 若林一郎 松山貫之


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

旧作のED『天才ドロンボー』に加え、『ドロンボーのシラーケッ』『ドクロベエさまに捧げる歌』『ドロンボーのなげき唄』などの旧作の挿入歌、そして『タイムボカン王道復古』のEDであった『さんあく30年 -君を離さない チュ☆』(オリジナル版は『さんあく18年』)を収録。
もちろん全曲新録で三悪が歌唱。オリジナルの『ドクロベエさまに捧げる歌』は正之さんが歌っていたけど、今回は主に小原さんが歌唱。
シングル盤として『天才ドロンボー'08』も先行して発売されているけど、メドレーやカラオケに特に拘りがなければ『ドロンボー伝説』の購入をおススメします。DVDもついてるしね。

70歳を超えた大ベテランお三方が頑張って、楽しく歌っているのがかわいいなあ。
そして『さんあく30年 -君を離さない チュ☆』は、泣ける。
楽しくて、嬉しくて、そして切ない。正之さんは歌っていないけれども、間違いなく山本正之の世界。
『ボカン』ファンにも、マサユキストにも、そして今の『ヤッターマン』に失望した人にも、ぜひ聴いてほしいアルバムです。

次は『さんあく40年』で、きっとCDを出しましょうね。

2008年07月02日

みんなめぐさんが好きだった

めぐさんって呼んだことはほとんど無いなー。閣下って呼ぶのもアレなので普通に林原さんて呼んでたね。そういや友人Sはなぜかリンバラと呼んでたなー。
 
 
 
そんなわけで、今更『スレイヤーズ』アニメ化はねーよなーなどと正直思っていた私でしたが、収録曲を見て買ってしまいました。

スレイヤーズ MEGUMIXスレイヤーズ MEGUMIX
林原めぐみ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

林原めぐみの歌う『スレイヤーズ』の主題歌・挿入歌などを3枚組(1枚はカラオケディスク)にまとめたベスト盤。
新録のセルフカバー曲や新テレビシリーズのOP/EDのショートバージョンも収録。この内容で税込3000円はかなりお買い得かと。

つーかやばいです、コレ。
林原めぐみの全盛期にファンをやっていた人間には堪りません。
『Give a Reason』とか『don't be discouraged』とか『Just be conscious』とか、イントロ聞いただけでも、クる。
懐かしさでプラス修正が入っているとはいえ、やっぱり今聴いても名曲揃いだよなー。
今聴いてみると、どの歌もぶっちゃけ言ってることはほとんど一緒、「辛いことは沢山あるけど希望は必ずあるから頑張れ」みたいな曲ばかりなんだけど、林原さんの飾らない言葉とパワフルな歌声が当時の俺らに響いてたんだろうね。
新作のOP/EDも、あれから十数年過ぎているというのに変わらずエネルギーに満ちてる。40過ぎて子持ちになっても変わらないってのは凄いよな。

『スレイヤーズ』の頃の林原さんの人気は凄かった。
私の周りは弟も友人も、みんな林原さんが好きだった。
アルバムやCDはみんなが買ってたし、ブギーナイトもハートフルもみんな聞いていた。
今や声優やアニメシンガーのCDがオリコンの上位にランクインするのは珍しくないけど、その先駆けが林原さんだった。しかも当時は今と違ってまだJ-POPのCDが売れていた頃。今とは単純に比較できない。
椎名へきるや国府田マリ子も人気があったけど、やっぱり林原さんは別格だった。
アニメやラジオから離れて、林原さんの声を滅多に聴かなくなって久しいけど、やっぱり別格であることは今でも変わりないなあ。

このアルバムのお陰で時ならぬ林原めぐみ祭りが私の中で巻き起こり、昔のカセットテープを引っ張り出して聞きまくってます。
どこかで『MIDNIGHT BLUE』から歌に対する意識が変わったみたいな話を林原さんがしてて、確かにスレイヤーズ以前と以降だと音楽的に大きく変わったと思う。
もちろん『スレイヤーズ』以降の音楽もいいのだけど、それ以前の初々しさの残る、まだまだ"ちょっと歌の上手い声優さんが歌ってます”的な部分のある頃のアルバムも良いです。『Enfleurage』とか今聴いてもいいアルバムだよなー。
しばらくは、懐かしさと変わらぬパワーを感じつつ、めぐみ祭り継続です。
 
 
 
今気づいたんだけど、俺、林原さんのCD買ったのって初めてかも。みんな友人から借りて聴いたんだよな。どんだけビンボーだったんだって話ですが。

2008年04月29日

『ヒーローは永遠にinアピタ』に串田アキラ登場!

もはや恒例となりつつあるBSNの公開録音ライヴ『ヒーローは永遠にinアピタ』、水木アニキ、ささきいさおさん、ミッチ&米倉千尋さん正之さんに続いて、今回はクッシーこと串田アキラさんが登場!
『キン肉マン』や宇宙刑事で育った俺が行かなきゃ誰が行くんだ! っつーわけで、無理矢理仕事の休みを取り、しゃぶしゃぶくんのスーパーロボット魂LIVEのお誘いも断って、行ってきました。

例によって行きは自転車。延々と直線が続く道と追い風のお陰で、私の貧脚でも楽々40km/hが出て非常に気持ちよかったです。私のなんちゃってクロスバイクでもあのくらい出るんだから、ロードとかだとどれくらい出るんだろね。

好天に恵まれた祝日、家族連れで賑わうアピタ新潟亀田店の特設ステージに、串田アキラ登場!

曲目リストは以下の通り。

~公開録音~
疾風ザブングル/戦闘メカザブングル
宇宙刑事ギャバン/宇宙刑事ギャバン
宇宙刑事シャリバン/宇宙刑事シャリバン
宇宙刑事シャイダー/宇宙刑事シャイダー
太陽戦隊サンバルカン/太陽戦隊サンバルカン
We are the ONE~僕らはひとつ~/爆竜戦隊アバレンジャー
キン肉マンGo Fight!/キン肉マン
炎のキン肉マン/キン肉マン
ジライヤ/世界忍者戦ジライヤ
機動刑事ジバン/機動刑事ジバン
乾いた大地/戦闘メカザブングル

~ミニライブ~
キン肉マンGo Fight!/キン肉マン
宇宙刑事メドレー~宇宙刑事ギャバン~宇宙刑事シャリバン~宇宙刑事シャイダー
星空のメッセージ/宇宙刑事ギャバン
強さは愛だ/宇宙刑事シャリバン
太陽戦隊サンバルカン/太陽戦隊サンバルカン
疾風ザブングル/戦闘メカザブングル

例によって、前半の公開録音と後半のミニライブの2部構成。
当然ながら定番曲中心だけど、どの曲も名曲揃いの上、クッシーの歌で育った私にとっては堪らない曲ばかり。
クッシーの生歌聴くのも数年ぶりだけど、相変わらず熱い。パワフル。ソウルフル。これで今年還暦とか信じられん。
…実は最近発表された楽曲でのクッシーの歌いっぷりにイマイチパワーが足りない気がしていて、さすがの串田アキラも年なのかなあなどとひそかに思っていたのだけど、全くそんなことはありませんでした。このパワーならあと30年は歌い続けてくれることだろう。

今回のイベントもディレクターはBSNの営業のキタガワさん。公開録音の最後の曲『乾いた大地』はキタガワさんのたっての希望とのこと。さすがだ。
1ヶ月ほど前に一緒に仕事をした時、正之さんに秋の出演許可を取り付けたそうですよ? どうやってあの山本正之を口説いたのか、一度話を聴いてみたいなー。あと、7,8年くらい前に数週間だけBSNラジオで放送されていた謎の番組『ヒーローは永遠に』は何だったのかも。
正之さん、クッシーと来たので、次は宮内さんか影ちゃんがいいです。別格四天王つながりで。

何はともあれ、間近で、クッシーの熱い歌を久々に聴けて嬉しかったです。
クッシーのソロライブも何年かぶりに行ってみたいなー。

ライブ終了後はちょっと遠回りして鳥屋野の辺りを経由して帰る。
べ、別に曲がる道を間違えたからじゃないからね! 携帯のGPS機能を使ったりしてないんだからね!
ちなみに丁度サッカーのアルビの試合終了後だったため、ビッグスワン周辺は無茶苦茶混んでました。失敗。

2007年06月04日

羽田健太郎さん、死去

作曲家・編曲家・ピアニストの羽田健太郎さんが亡くなった。

Yahoo!ニュース - 時事通信 - 羽田健太郎さん死去=「題名のない音楽会」司会

結構ショック。
一般には『題名のない音楽会』の司会や『ニュースステーション』でのピアノ演奏などで知られているけど、私にとってはやはり日本版『ウィザードリィ』シリーズの音楽を担当した人なんだよなー。
日本における『Wiz』って、本家に比べてシリアスでダークなファンタジー的な面が色濃いのだけど、それはモンスターデザインの末弥純さんと並んで、羽田さんの音楽の影響も大きいと思う。
当時はまだ、日本に本格的なファンタジーものがほとんどなかった時期(FC版#1の発売は87年)。そんな時代にあって、羽田健太郎の紡いだ重厚な音楽は多くのプレイヤーにとって幻想世界へのイメージを膨らませる力になったと思う。

アニメの音楽も多数手がけていたけど、一番印象に残るのはやはり『超時空要塞マクロス』。主題歌・BGMだけでなくリン・ミンメイの歌う劇中歌も印象深い。
あとは『バルディオス』とか『宝島』とか…。『ムーの白鯨』(水木アニキの歌の中でも三本の指に入るくらい好きな曲)のアレンジも羽田さんなんだなー。

惜しい方を亡くしました。
今夜は『We Love Wizardry』を聴きながら過ごそうと思います。

アポロン ゲームミュージックBOX ~メモリアル・サウンド・オブ・ウィザードリィ~[GAME SOUND LEGEND SERIES] (完全生産限定盤)アポロン ゲームミュージックBOX ~メモリアル・サウンド・オブ・ウィザードリィ~[GAME SOUND LEGEND SERIES] (完全生産限定盤)
ゲーム・ミュージック


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

って、発売されてたんだ、コレ。買わねば…。

≪ prev | 1 / 3 |